0

フリーレントってお得だよね。注意点はある?

2018年4月26日 18時30分

引っ越しの際、大きな負担になる初期費用。少しでも減らしたいときにフリーレント物件は魅力的ですね。しかし、気を付けないと思わぬ落とし穴に落ちてしまうかも。家賃以外の支払い項目や契約開始日など、事前に確認しておきたいフリーレントの注意点を不動産・住生活ライターの高田七穂さんに伺いました。

Q フリーレントってお得だよね。注意点はある?

A フリーレントとは、入居後の家賃を一定期間、無料にするものです。1~2か月程度が一般的ですが、なかには3か月程度のものも。長期間、入居者が見つからないアパートやマンションで多くみられます。大家さんが家賃を下げて募集すればよいのでしょうが、情報が公になると、現在の入居者から「家賃を下げてほしい」といわれてしまう可能性があります。そこで、最初の一定期間だけ家賃を無料にするという方法がとられることがあるのです。


借りる側からみると、少しでも家賃の支払いが減るのはうれしいですね。ただし、注意したい点はあります。

まず、ほかの費用について。
フリーレント期間があっても、その期間内の共益費などは払わなければならない場合があります。支払い項目と、期間内のその合計額を確認しておきましょう。

次に、フリーレント期間の起点に注意です。
入居日と契約日が一緒のこともありますが、契約書に明記された契約開始日がフリーレントのスタートです。入居が遅れてしまうと、フリーレント期間が短くなります。引っ越しや解約の日程の都合がなかなかつかず、ようやく入居したけど「1か月のフリーレントだったのに、結局1週間しかなかった」ということがあります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!