0

米国1位のレストラン出前サービス「グラブハブ」CEOの野望

2018年5月13日 11時00分
レストランの出前を行うフードデリバリー業界では、ここ数年で競争が高まった。アマゾンやウーバーなどの大手とスタートアップの「Postmates」や「DoorDash」らがシェアを奪い合う状況だ。

しかし、全米1位のシェアを誇るデリバリー企業「グラブハブ(GrubHub)」のCEOのMatthew Maloneyは、今後の成長に強い自信をのぞかせる。「業界全体が強い追い風を受けている。競争が高まったといわれる中で、我が社は目標を達成できた」と彼は話した。

グラブハブが先日発表した2018年の第1四半期決算で、売上は前年同期比49%増の2億3260万ドル(約255億円)に到達。1日の平均注文件数は前年同期比35%増の43万6900件を記録した。

モルガン・スタンレーは2020年にはレストランの売上の40%が、デリバリーからもたらされると見込み、市場規模は2200億ドルに拡大すると予測する。「この市場はまだ発展の初期段階にある」とMaloneyは語る。

「Bloomberg Intelligence」の調査では2017年時点のグラブハブの市場シェアは40%以上に達している。同社は事業拡大スピードを加速させ、年内に新たに100都市にサービスを拡大する。成長をけん引するのは、KFCやタコベルを傘下に持つ「ヤム・ブランズ」などの大手との提携だ。

大手レストランチェーンとの提携により同社は、米国の地方都市でのサービス拡大をする。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「米国1位のレストラン出前サービス「グラブハブ」CEOの野望」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!