2

面接で必ず聞かれる「退職理由」 答えるときの5つの注意点

2018年5月15日 07時00分
私は先日、10人の候補者を電話で次から次へと面接する、いわゆる「面接マラソン」を経験した。複数の異なる役割の採用だったが、各候補者には前職を辞めた理由を必ず質問した。また、多くの候補者には、その前の仕事を辞めた理由も全て一つずつ説明してもらった。

採用担当者は前職を辞めた理由を聞くはずだし、その前の仕事についても質問する可能性が高い。候補者がキャリアを転換した理由を知れば、その人の優先事項やモチベーション、コミットメント(忠実度)など多くのことが分かるからだ。

仕事で頭打ちになったと感じたことが理由であれば、優先事項は明らかに成長だ。他の雇用主からより高額な給与が提示されたことが理由の場合、金がモチベーションだ。短期間で複数の仕事を転々とした場合は、多くの企業が候補者のコミットメントを疑問視するだろう。

雇用主は、このようにさまざまな方法で求職者のキャリアの転換点を解釈する。そのため、前職を辞めた理由に関して何をどのように話すかは計画的に、そして慎重に考える必要がある。面接で退職理由を聞かれたときに注意すべきポイントは次の5つだ。

1. 明らかに怪しい点をクリアにする

履歴書から在職期間が短いことが分かるなど、採用側から見て明らかに怪しげな点がある場合、その問題に正面から対処する。勤務期間が短いことは必ずしもマイナスではない。退職した理由を落ち着いてはっきりと説明し、ある程度長く働いた仕事があることを指摘しよう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「面接で必ず聞かれる「退職理由」 答えるときの5つの注意点」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    まぁ狐と狸のばかし合いだからねぇ。演技力よ、演技力。自分が女優になったつもりで演じきれば大丈夫w。見抜ける奴なんてまずいないわ。

    2
  • 匿名さん 通報

    私は現役引退した年寄りですが、受かろうとする前にこっちから人事担当の人間を見てその会社を値踏みする必要があると思う。実際、何社も振い落としてきました。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!