0

10年後の仕事はどうなる?今売れているビジネス書ランキング

2018年5月17日 11時30分

ビジネス書 2018年4月の売上ランキング(日販調べ)

順位書名著者出版社110年後の仕事図鑑落合陽一 堀江貴文SBクリエイティブ2大人の語彙力ノート齋藤孝SBクリエイティブ3日本再興戦略落合陽一幻冬舎4大富豪からの手紙本田健ダイヤモンド社5JAPAN CLASS もうかなわないわ、ニッポン!ジャパンクラス編集部東邦出版6週40時間の自由をつくる超時間術メンタリストDaiGo実務教育出版7身近な人が亡くなった後の手続のすべて 新版児島明日美 福田真弓ほか自由国民社8お金2.0佐藤航陽幻冬舎9入社1年目の教科書岩瀬大輔ダイヤモンド社102000社の赤字会社を黒字にした社長のノート長谷川和廣かんき出版

4月5日(木)発売の新刊『10年後の仕事図鑑』が首位を獲得しました。

『10年後の仕事図鑑』は、落合陽一さんと堀江貴文さんによる共著。「10年後どころが5年先すら予期できない今、仕事は、会社は、社会は、キャリアはどうなるのか?」という不安に対して、時代の先端をいく2人が、今考えられる社会の姿を語り尽くした一冊です。

タイトルに「仕事図鑑」とあるとおり、本書には〈消える職業〉や〈生まれる職業〉を含めた50近くの“職業の未来”をイラスト・解説付きで掲載。また「そういった社会の動きを希望ととるか絶望ととるかは、すべて自分次第である」といい、経営者ですら職を奪われる時代にどうポジションを取るのか、生き方のヒントも与えてくれる内容となっています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「10年後の仕事はどうなる?今売れているビジネス書ランキング」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!