0

「捨てスイッチ」でクローゼット収納を片づける

2018年5月25日 20時41分

「捨てられない」という人におすすめしたいのが段ボール。ゴミ袋ではありません。自然と片づけたくなるきっかけは、不要品の買取りサービス。高かった服やバッグへの気持ちに見切りがつく実践法を紹介します。フリマアプリに馴染めない人にもおすすめです。

とにかく段ボールを取り寄せる!

買取りサービスに申し込めば段ボールが届くので、そこに品物を詰めて宅急便で送るだけなので簡単です。とは言っても、なんでもいいというわけではありません。服やファッション小物は、身につけるシーズン前に手放すのがポイント。ファッション雑誌の特集が、シーズンを先取りしていることからも明らかです。

近ごろは季節感が薄れて、衣類を入れ替える衣替えの習慣がなくなりつつあります。でも、手放すことを頭に入れながら、クローゼットの中身を見直して減量しませんか? 今シーズンに身につけるものを選んでみると、長いことご無沙汰していたものが見つかるはず。懐かしいけれど、サイズやスタイルが今の自分に合うかどうかといえば出番がない。どうしようかと迷っているうちに1年経つと、査定価格が大幅に下がります。


品定めは自分の目で

買取りサービスのサイトを調べると、取り扱いのブランド検索ができたり、衣類やバッグなどの手入れについて表示されていたりします。そういった事前情報を読んで、これから手放すものを自分で品定めしましょう。

衣類やスカーフなど肌に触れるものは、洗濯やクリーニング後が基本。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「捨てスイッチ」でクローゼット収納を片づける」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!