8

なぜイケアは中途半端な田舎町を選ぶのか

2018年6月12日 09時15分
少子高齢化が進む日本で、福岡都市圏は例外的に人口が増え続けている。なかでも「人口増加率日本一」なのが福岡県新宮町だ。転機は2012年に家具量販店「イケア」の進出。だが新宮町はイケア誘致だけを狙っていたわけではない。つまり新宮がイケアを選んだのではなく、イケアが新宮を選んだのである。その理由はなにか。ジャーナリストの牧野洋氏は「街おこしのイノベーションがあった」と分析する――。(第2回)
※本稿は、牧野洋『福岡はすごい』(イースト新書)の「はじめに」と第2章「住みやすさがすごい――人口増加率日本一の秘密」の一部を抜粋し、再編集したものです。
■ファミリー向け物件で2000万円前後はザラ
「また新宮の新築マンション分譲のチラシが入っているよ。ほら、この広さでこの価格」「へえー、いつもながらすごいね」――。私は福岡市民として過ごした3年間、週末の朝方になると夫婦間でこんな会話を交わしたものだ。
当時、私が住んでいた東区と隣接する福岡県糟屋郡新宮町では大規模な新築マンションが続々と誕生していた。週末になると郵便ポストには新聞とともに決まって大量のチラシが入っていたのだ。ファミリー向け物件で2000万円前後はザラにあり、「即完売」も多かった。
新宮で販売になる分譲マンションの価格はもちろん、賃貸マンションの家賃も東区よりも明らかに安かった。それでありながら福岡都市圏にある。新宮の中心部にあるJR鹿児島本線・新宮中央駅からビジネス街がある博多駅までは電車で1本、所要時間は20分だ(東京で言えば中野駅から東京駅までが電車1本でちょうど20分)。

「なぜイケアは中途半端な田舎町を選ぶのか」のコメント一覧 8

  • 匿名さん 通報

    半端な人間しか買わんからだろ。金持ちはイケアなんぞで買わんし

    6
  • 匿名さん 通報

    家具をふやすこと自体無駄遣い。ゴミがふえるだけ

    4
  • 匿名さん 通報

    完全に失敗してるのは富山県だな 新幹線は30年前に工事を着工するべきだった 全て頭が固い地元住民が反対したせい

    4
  • 匿名さん 通報

    IKEAか 各部屋に畳み2畳分のクローゼットが付いていれば特に必要無い様な気がする まあ少しは家具は必要だけどね

    3
  • 匿名さん 通報

    長すぎ。結局のところ下水システムがよかったから都市の成長がいいってこと? まぁ成功モデルを考察することを無駄とは言わないけど立地とかもあってどこにでも適用できるわけでもなし。ネタにすることが疑問。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!