4

エクセルが使えれば中小企業再生は楽勝だ

2018年6月13日 09時15分
中小企業の経営者向けセミナーでは、ワードやエクセル、パワーポイントの“使い方”がテーマになることがある。その内容は一般企業の新入社員研修さながらだ。数多くの中小企業再生を手がけてきた三戸政和氏は、「それでも中小企業は回っている。そうした中小企業に大企業の“仕組み”を導入すれば、もっともっと儲かるようになる」という。そうした実態の一部を紹介しよう――。(第4回)
※本稿は、三戸政和『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』(講談社)の一部を再編集したものです。
■前近代的でも黒字の中小企業
投資ファンドを運営する私たちは、3期分の財務諸表を見れば、その会社がどのような経営状態にあるかをほぼ把握することができます。自身の会社でそれができなければ、経営者とはいえないと思うのですが、実際には、中小企業では財務諸表が読めない経営者がほとんどです。
さて、あなたは財務諸表が読めるでしょうか。「自信がない」という人は、社長になるには会計を少し勉強する必要があるとは思います。ただ、大企業で管理職をしていた人ならば、おそらく予算編成や決算で、自分たちの業界における決算数値の意味はわかっていると思います。それだけで旧態依然の中小企業の経営者より、経営スキルの面では進んでいる可能性が高いといえます。
大企業には、“仕組みの導入”に特化した担当者がいますが、中小企業にはいません。経営企画室など業務改善を促す部署自体がありませんし、そんな人を雇う余裕もありません。

「エクセルが使えれば中小企業再生は楽勝だ」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    そして私がその仲介手数料を巻き上げるのです!!ってかw 耳障りのいいだけの甘言には気をつけよう!

    2
  • 匿名さん 通報

    おおまじめに、こんなこと言うのは、ブラック社員を扱うプレジデントらしいね。

    2
  • 匿名さん 通報

    エクセル、ワード、パワーポイント、モス、頑張れ。ネット検索は誰でも出来るけど…

    0
  • 匿名さん 通報

    改善提案をするのだが上司は聞く耳を持っていません。今までのやり方の否定は上司の否定になるからです。エクセルのようなアホみたいな話でも外部のコンサルタントから聞いたほうが受け入れられるのかも。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!