0

優秀な人でも闘わなければいけない5つの恐怖

2018年6月14日 12時00分
高い業績を上げる人たちは、心地の悪い状況でも平常心を保つ。他の人なら諦めるような状況であっても前に進むには、大きな勇気と知性、そして心が必要とされる。心得のある人は、人生が直線ではないことを承知していて、溝にはまってしまったとしても、不確定さの嵐を乗り切り、新たな道が開けるまでしのぐ意志を持っている。

私のコーチング業のクライアントに、高給取りのファイナンスアドバイザーから起業家へ転身し、次の収入はいつになるのかとストレスを感じていた女性がいる。ファイナンスアドバイザー一筋のキャリアを築いてきた彼女はこれまで、経済的な安定性やビジネス開発、家族を養う方法を心配することはなかった。しかし起業家となった今、大きな不安に襲われていた。

彼女がその後すぐに悟ったのは、問題がなくなることはなく、ただ改善するだけだということ。彼女には2つの選択肢があった。起業家として、望んでいた通りの自由を得ながら(もちろんストレスも抱えながら)模索を続けるか、9時5時の仕事に戻って安定性を得ながらも惨めな思いをするか。それから4年がたった今、彼女にはビジネスチャンスが殺到し、助手を雇う必要があるほどだ。

優秀な人は、恐怖には以下の2種類があることを理解しているため、恐怖から逃げようとはしない。

・良い恐怖……車が行き交う横断歩道には足を踏み入れるな、と教えてくれる恐怖心。
・悪い恐怖……自分の能力を示す証拠がないのできっとうまくいかないに違いない、という心の声。

「優秀な人でも闘わなければいけない5つの恐怖」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!