0

オリエンタルランド、TDS拡張を正式発表 新エリアに「アナ雪」「ラプンツェル」

2018年6月14日 17時06分

東京ディズニーシーの新エリアの完成予想図

[拡大写真]

 オリエンタルランドは6月14日、2500億円を投じてテーマパーク「東京ディズニーシー(TDS)」を拡張する計画を明らかにした。敷地内の駐車場を転用し、約14万平方メートルの区域に映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界観を再現したエリア「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」を新設する。

 完成は2022年度の予定で、既存のエリア「アラビアンコースト」「ロストリバーデルタ」と接続するという。エリア内には、アトラクション4施設、レストラン3施設、ショップとホテルを1施設ずつ建設する計画だ。

●「アナ雪」エリアは「アレンデール王国」が舞台」

 「アナ雪」がテーマのエリアでは、「雪の女王・エルサが氷の魔法を受け入れた後のアレンデール王国」を再現する。アトラクションはボートに乗る形式を予定しており、「ちょっとしたスリルも体験できる」という。

 内容は「アナとエルサの心あたたまる物語をたどる」もので、劇中で使用された名曲も流れるとしている。

●「ラプンツェル」エリアは「ランタンフェスティバル」を再現

 「ラプンツェル」がテーマのエリアには、映画でおなじみの「ラプンツェルの塔」がそびえ立つという。アトラクションの内容は、お祭り「ランタンフェスティバル」に向かう道のりを再現する予定で、「フィナーレでは数え切れないランタンの灯かりに包まれる、ロマンスに満ちた体験が待っている」という。

「オリエンタルランド、TDS拡張を正式発表 新エリアに「アナ雪」「ラプンツェル」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!