1

あの「スーツ作業着」に夏服登場、どんな進化を遂げたのか

2018年6月14日 17時30分

「スーツに見える作業着」としてネット上で話題となり、ファッション通販サイト「ロコンド」でも4月の月間売り上げ1位に輝いた「ワークウェアスーツ」。その夏服バージョンが7月に発売されます。

「機能性は変わらず、より涼しく、より軽く」(販売元のオアシススタイルウェアの中村有沙代表)というキーワードで開発が進められた、一連のラインナップ。大ヒットを記録した既存商品から、どこがどう進化したのでしょうか。


ジャケット、パンツ、ビズポロで展開

ワークウェアスーツの夏コレクションは、ジャケット、パンツ、ビズポロ(半袖・長袖)という4種類の展開。中でも基幹商品に位置付けられているのが、半袖のビズポロです。

大きな特徴は、ファスナー付きのポケット。携帯電話も入る大きめのサイズで、ファスナーを閉めておけば、かがんだ時にも中に入れたものが落ちません。また、従来品とファスナーの開閉方向を真逆にし、首から下げたIDカードホルダーを収納しやすくしました。

襟の高さにも工夫をこらしました。ジャケットを羽織った時でも正装に見えるよう、一般的なポロシャツよりも襟の高いデザインにしました。また、ネクタイを締めてもデザインとして成立するよう、配慮したといいます。

裾丈にもこだわりました。前面はジャケットを羽織ってもだらしなくない着丈、かつ、後ろ側はかがんでもポロシャツの下の背中が見えない程度の長さに調整しています。


夏コレクションについて説明する、オアシスライフスタイルグループの関谷代表(右)とオアシススタイルウェアの中村代表

そのうえで、ワークウェアスーツの最大の特徴である、撥水性、速乾性といった機能面は踏襲。

「あの「スーツ作業着」に夏服登場、どんな進化を遂げたのか」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    うちの会社でも話題になったけどドケチな経営者だから買ってくれるわけない。無名ブランドの安物の作業着ですら退職者のお古を使いまわすww

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!