0

"頼みはトランプ劇場"安倍首相の情けなさ

2018年6月14日 09時15分
■中身は空っぽで、「トランプ劇場」そのもの
史上最悪の外交・政治ショーだった。まさに「トランプ劇場」そのものだ。アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の史上初の会談のことである。
2人の会談は6月12日、シンガポール南部のセントーサ島にあるカペラホテルで行われた。会談中にトランプ氏が「(正恩氏と)すばらしい関係を築く」と語り、正恩氏も「足かせとなる過去があったが、すべてを克服してここまで来た」と話した。
2人が関係改善に意欲を示したことは間違いないだろう。しかし最大の焦点は、北朝鮮の完全非核化に向けた合意のはずである。
これまで米国は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求め、北朝鮮は「体制の安全の保証」を求めてきた。
■トランプ氏よりも正恩氏の方が一枚上手
トランプ氏と正恩氏は2人そろって合意文書の「シンガポール共同声明」に署名し、その場面をテレビが生中継した。2人が仲良く並んで署名するなど予想できなかった。見事な演出である。
署名後、トランプ氏はすぐに合意の中身を明らかにせず、「2時間後の記者会見で公表する」と記者団に述べた。じらして米朝会談を盛り上げようとしたのだろう。
しかしながら国際社会の期待感とは裏腹に、肝心の共同声明の中身は空っぽ。朝鮮半島の「完全非核化」をうたってはいるものの、具体的措置は皆無だった。
一方、米韓軍事演習の中止の可能性を確信した正恩氏の顔は、笑顔であふれていた。

「"頼みはトランプ劇場"安倍首相の情けなさ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!