0

徹底解説! 都営浅草線5500形 最高速度の向上で乗り入れ路線が拡大へ

2018年6月14日 17時10分

都営浅草線の新型車両「5500形電車」が完成。歌舞伎のデザインを取り入れた外装や最高速度を引き上げた走行装置が特徴です。

開業60周年を控え車両もリニューアル

 東京都交通局は2018年6月11日(月)、都営浅草線の20年ぶりとなる新型車両「5500形電車」の報道関係者向け試乗列車を浅草橋駅(台東区)から馬込車両基地(大田区)まで運転しました。


まもなくデビューする5500形電車の5501編成(2018年6月11日、恵 知仁撮影)。

 浅草線は、西馬込~泉岳寺~日本橋~浅草橋~浅草~押上間の18.3kmを結ぶ都営地下鉄の路線です。泉岳寺駅で京急線、押上駅で京成線に接続して相互直通運転を行っており、さらに北総鉄道や京成成田空港線(成田スカイアクセス)、芝山鉄道線からの乗り入れ列車も運転されています。

 開業したのはいまから約50~60年前で、トンネルなどの施設が老朽化。浅草線を走る車両のうち、東京都交通局が運用している5300形電車216両(8両×27編成)も一番古いもので30年近く経過しています。

 こうしたことから交通局は、2020年に開業60周年を迎える浅草線のリニューアルを計画。その一環として新型車両の5500形を導入することにしました。コンセプトは「日本らしさとスピード感が伝わる車両」。2017年には最初の編成(5501編成)が完成しました。

 5500形の製造はJR東日本グループの総合車両製作所(J-TREC)が担当しました。

「徹底解説! 都営浅草線5500形 最高速度の向上で乗り入れ路線が拡大へ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!