42

「ウナギを食べるのはやめよう」 代用食の提案は広まるか?

2018年6月21日 11時14分

7月20日は土用の丑の日

[拡大写真]

 「もう流通各社とウナギの奪い合いはしない」

 6月18日の記者会見で宅配大手らでぃっしゅぼーやの藤巻啓二取締役はそう宣言した。ウナギがIUCN(国際自然保護連合)から絶滅危惧種に指定されたり、「うなぎの稚魚が不漁」というニュースが話題になったりしたことを踏まえ、「土用の丑の日にウナギを食べるのはもうやめたほうがいいのでは」という消費者の声が高まってきている。同社はそこで、土用の丑の日にウナギの「代用食」を食べようという提案を初めて行うことになったのだが、背景にはどういった事情があるのだろうか。

●ウナギ以外を食べよう

 土用の丑の日にウナギを食べるのは、スタミナをつけて暑い時期を乗り切るのが目的だ。そこで、らでぃっしゅぼーやは「国産豚の一口餃子」(640円、税込、以下同)、「湯せんだけ さんまの蒲焼」(318円)、「たんかく牛ランプステーキ用(冷凍)」(2651円)、「丹沢高原豚ヒレブロック(冷凍)」(2020円)といった商品を顧客にアピールする。

 商品のカタログを読むと「スタミナ食材にんにく入り」「今年の丑の日は『牛』の日に」「江戸時代から親しまれてきたさんまの豊富な栄養を」といったキャッチコピーが並んでいる。

 なぜ、同社はウナギの代用食をアピールするのだろうか。背景にあるのは、顧客から「ウナギが減っているのに、お宅はなぜウナギを売り続けているのか」という指摘があったことや、2018年1月に「ウナギの稚魚が歴史的な不漁」というニュースが広まったことがある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「ウナギを食べるのはやめよう」 代用食の提案は広まるか?」のコメント一覧 42

  • 匿名さん 通報

    ウナギは好きだけど、心配ない程に復活するまで食べるの止めよう、というなら賛成だ。絶滅させてまで食べるモノではない。好きだけどね。

    33
  • 匿名さん 通報

    俺には、高くて買えないからどうでも良い話だ、こんな時代にウナギを食わなきゃスタミナ付かないとか言う奴も居ないだろうよ

    24
  • 匿名さん 通報

    中国に食わせりゃいいじゃねーか。こんなバッタモン。あいつらが調停守らないで稚魚乱獲してるからおかしくなったんだろ。

    20
  • 匿名さん 通報

    中国に言ってやれよ。日本人が喰わずとも、中国は乱獲するだろうな。サメがいい例だろ。日本人の美意識など鼻で笑われているよ。

    18
  • 匿名さん 通報

    そもそも乱獲のせいかどうかもわかっていない。とりあえず5年ぐらい禁止すればいいじゃない。

    11
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!