0

AIがライバルに!? 城繁幸さんに聞くHR Tech時代の人事サバイブ術

2018年6月25日 07時00分

富士通で人事を経験後、日本の人事制度の問題を鋭く突いてきた城繁幸さん

[拡大写真]

 野村総合研究所は2015年に「今後15年で今ある仕事の49%がAIによって消滅する」というレポートを発表した。テクノロジーの発展が人の仕事を変容させつつある今、HR Techもまた人事の在り方をどう変えるのか。「7割は課長にさえなれません」(PHP新書)などのベストセラーを出版し、終身雇用制度を始めとした日本の人事の問題と変化を鋭く指摘してきた人事コンサルタントで作家、城繁幸さんに話を聞いた。

●人事が人事権を奪われる

――現在、採用のマッチングや勤怠管理、eラーニングなど多くのHR Techのサービスが登場し、導入されています。人事の現場をどう変えると思いますか

城: 企業がHR Techを取り入れてどうなるかはこれから。具体的にはまだ分かりません。ただ、AIやビッグデータのレベルまでいかなくとも人事が仕事のアプローチを変えた上で結果を調査したら、今までのやり方がずれていたことが分かるケースはよくあります。

 私も聞いたケースですが、採用時の人材の評価と入社後の3~10年後の評価を追跡して比較すると、必ずしも会社が入社時に求めた人材が活躍できていないことが分かる。必要な(人材評価の)改革案を作ってフィードバックしなくてはならないが、そこで人事は止まってしまう。

 なぜなら、人事自身が変わりたくないのです。面接などで自分たちが今まで取ってきたやり方のほうが正しいと思ってしまう。会社の人事制度の悪い部分に目を向けたくないのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「AIがライバルに!? 城繁幸さんに聞くHR Tech時代の人事サバイブ術」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!