0

新宿ミロードのレストランフロアがリニューアル! 日本初出店や限定メニューも

2018年7月12日 11時04分

小田急電鉄が、新宿駅南口直結のファッションビル「新宿ミロード」のレストランフロアをリニューアルオープンします。約10年ぶりとなる全リニューアルにより、日本初出店の店舗も登場。新宿ミロード店のみの限定メニューも用意されます。

「太陽のトマト麺withチーズ」には新宿ミロード限定メニューが!

 2018年7月13日(金)11時、小田急電鉄が新宿駅南口直結のファッションビル「新宿ミロード」の7、9階レストランフロアをリニューアルオープンします。

 同ビルが、レストランフロアの全リニューアルを行うのは、約10年ぶりといいます。2015年に検討プロジェクトが立ち上がり、2018年4月に着工。なお、8階フロアはひと足早く5月に改装を終え、営業を開始しています。


日本初出店の「騒豆花」は台湾のデザート「豆花」などを提供(2018年7月11日、高橋亜矢子撮影)。

 今回新たに7階へオープンするのは、まず、日本初出店の「騒豆花(サオドゥファ)」。台湾で人気という、親子3代で営む老舗スイーツ専門店です。豆乳などを固めた台湾の伝統デザート「豆花」をはじめ、坦々麺などのフードメニューも用意されています。

「MENSHO SAN FRANCISCO(メンショーサンフランシスコ)」(7階)は、ラーメンチェーンを展開する麺庄(東京都新宿区)が、アメリカ西海岸に出店し好評というスタイルを初めて“逆輸入”した店舗。訪日外国人に人気という和牛が麺を覆うように載った「A5黒毛和牛醤油らぁめん」や、「抹茶鶏白湯らぁめん」など、独創性の高いメニューを提供します。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「新宿ミロードのレストランフロアがリニューアル! 日本初出店や限定メニューも」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!