0

家賃は値切れるの?交渉しやすい時期と物件の見分け方を解説!

2018年8月24日 20時52分

家計の出費のなかで一番高額になりがちなのが家賃。できるだけ安く抑えたいというのが本音ですよね。実は、家賃の値下げ交渉は可能です。ただ、借り手が多い時期に値切ろうとしても、うまくいかないことがほとんど。値切りやすい時期や物件などについて解説します。家賃の値下げ交渉をするなら、時期を見計らって交渉しましょう。


価格交渉しやすい時期は4月以降!



進学や転勤など、引っ越し時期が限られてしまう状況でなければ、繁忙期を外した方が掘り出し物件を見つけられるかもしれません。賃貸市場の年間の動向を見てみましょう。

1月~3月:物件が豊富な繁忙期
日本は4月に新年度が始まるため、新入社員や新入生が賃貸物件を探して入居するのが3月末ということが多いです。また企業の人事異動の時期も2月、3月が多く、春が引っ越しシーズンとなります。そのため、不動産会社はこの時期を目指し新築や中古物件のリフォームなどを計画することが多いのです。人気のエリア、人気の物件は早いうちに決まっていくので、繁忙期に引っ越さなくてはならない人は、即断即決に近い動きをしなくてはなりません。ゆっくり物件探しをするにはあまり向いていない時期であり、家賃交渉も困難だといえるでしょう。

4月~6月:繁忙期のあとの穴場時期
実は物件探しの穴場となるのがこの時期です。繁忙期を過ぎた物件は1年中空室になる可能性があるため、値下げに応じてもらいやすくなります。気に入った物件があったら積極的に家賃交渉しましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「家賃は値切れるの?交渉しやすい時期と物件の見分け方を解説!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!