6

「社員を管理しない、評価しない」 個人と会社の幸せを追求した社長が心に決めたこと

2018年9月13日 06時50分

TAMの爲廣慎二社長

[拡大写真]

 働き方改革を発端に、ワーク・ライフ・バランスを求める声がますます高まっています。しかし、第一線で活躍するビジネスパーソンほど、文字通り仕事と人生を分ける、このワーク・ライフ・バランスというコンセプトに違和感を覚えているようです。

 そんな彼らが共感を示す言葉が「ワーク・アズ・ライフ」。仕事と人生との間に境界線を引かず、自然体で働く、あるいは好きなことがいつの間にか仕事になっている状態を指します。

 企業のデジタルマーケティングを支援するプロダクション・エージェンシー「TAM」は、社員のワーク・アズ・ライフを「仕組みで」可能にしているユニークな会社です。

 TAMでは毎年、内省した上で自分の上司と対話するキャリアミーティングの場が設けられます。自分の強み、弱み、置かれた環境などを棚卸しし、社員のワークだけでなく、それを含むライフについて、時間をかけて共に考える。そうして社員は自己実現に向けて努力していくのです。しかし、中には何年かのミーティングを経て、転職や独立を決断する人も……。

 普通に考えれば、手塩にかけて育てた社員が離れてしまうのは、組織にとって痛手のはず。にもかかわらず、会社自らそれを促すのはなぜなのでしょうか。さらに、TAMには評価制度さえなく、給料を決めるのは社員自身だといいます。

 そんな“常識はずれ”の会社運営を26年にわたって続けてきた、TAM代表の爲廣(ためひろ)慎二さんに、その狙いを伺いました。

「「社員を管理しない、評価しない」 個人と会社の幸せを追求した社長が心に決めたこと」のコメント一覧 6

  • びっくり! 通報

    「僕・私の給与を彼・彼女にあげて!」なんて言う労働者、いるのかなあ?

    2
  • 匿名さん 通報

    そうそう旨く行くならば右内輪、優秀で従順な社員でさえ信用おけない社会、安月給で働く労働者に信用があるハズがない

    2
  • 匿名さん 通報

    換えのきく仕事…人間労働の必要が無い仕事…おいらディレクションこんなモノとは違う…換えのきかない仕事

    1
  • 匿名さん 通報

    国家のため、夢を語ろう、当社で働くことが幸福になれる、家族的、チームワークのある・・・全部経営者の価値観に由来するもの。こういった企業が、社員を潰し、日本の社会問題を誘発する。

    1
  • 匿名さん 通報

    09:52日本語がおかしい。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!