0

ジャーナリズムの新しい形は作れるか?世界が注目する有料メディアDe Correspondentとは【連載】オランダ発スロージャーナリズム(5)

2018年9月14日 20時00分

過去の連載はこちら

「もし、今あるジャーナリズムを変えたかったら、それを書いているペンと紙を変えなければならない。つまりジャーナリストとデザイナーが一緒になってイノベーションを起こすことが必要だった」

こう語るのは、2013年クラウドファンディングで1.7億円をも集めてスタートした、有料オンラインメディア「De Correspondent」の共同創業者であり、デザインプロダクション「Momkai」の創業者、クリエイティブ・ディレクターのハラルド・ドゥニイク。

いかにPVを稼ぐか?ということだけを重視するあまり、速報性のみを追い求め表面的な事実のみしか伝えることができないネットニュース。さらには巷に溢れるフェイクニュース。今や新聞をはじめとする旧来のジャーナリズムでさえも、同じ危機的な状況に陥っていたり、政治的な圧力をかけられているのではないか、とさえ言われている。

吉田和充(ヨシダ カズミツ)

ニューロマジック アムステルダム Co-funder&CEO/Creative Director

1997年博報堂入社。キャンペーン/CM制作本数400本。イベント、商品開発、企業の海外進出業務や店舗デザインなど入社以来一貫してクリエイティブ担当。ACCグランプリなど受賞歴多数。2016年退社後、家族の教育環境を考えてオランダへ拠点を移す。日本企業のみならず、オランダ企業のクリエイティブディレクションや、日欧横断プロジェクト、Web制作やサービスデザイン業務など多数担当。

「ジャーナリズムの新しい形は作れるか?世界が注目する有料メディアDe Correspondentとは【連載】オランダ発スロージャーナリズム(5)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!