0

サイバーエージェントの社長が上梓した異色の“麻雀ビジネス本”

2018年9月15日 06時05分

サイバーエージェントの藤田社長が上梓した『仕事が麻雀で麻雀が仕事』(竹書房)

[拡大写真]

 サイバーエージェントの藤田晋社長が『仕事が麻雀で麻雀が仕事』(竹書房)を上梓した。自身が傾倒している麻雀への熱い思いと、ビジネスとの関連性について触れている異色の“麻雀ビジネス本”ともいうべき内容だ。

●麻雀の実力もピカイチ

 まず、麻雀を知らない読者のためにゲームの概要を説明しよう。麻雀とは4人で卓を囲んで行うものだ。ゲームのスタート時に、ポーカーのカードに当たる牌が配られる。その後、4人で牌を順番に自分の手の内に持ってきて、要らない牌を捨てる。どんな牌を持ってくるかは分からないので、将棋や碁と比べて運の要素が強いのが特徴だ。国内にはいくつかのプロリーグもある。

 藤田社長の麻雀に対する情熱は単なる趣味を超えている。本書によると、麻雀に傾倒する前は、毎日のように仕事の会食が入っていたにもかかわらず、週に1~2回は麻雀の予定を入れるようになったという。さらに、麻雀をする日は集中力を高めるために食事を抜く。お酒を飲んだり、食事をしたりしながら麻雀を楽しむ人も多いが、藤田社長は真剣勝負にこだわっているのである。

 実力もなかなかのもので、2014年にはプロも参加する「麻雀最強戦」という大会で優勝している。麻雀最強戦の公式Webサイトによると同大会には3000人を超える一般参加者やプロが参加するという。

●麻雀の地位向上に取り組む

 藤田社長はプロプレイヤーとして麻雀大会に参加することもあるが、現在はさまざまな麻雀大会を企画したり、麻雀の地位向上に取り組んだりしている。

「サイバーエージェントの社長が上梓した異色の“麻雀ビジネス本”」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!