5

"劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪

2018年10月9日 09時15分
日本企業には「劣化したオッサン」が多いという。それは昇進の望めない人材でも、簡単には解雇されないからだ。このため「日本企業は人に優しく、外資系企業は厳しい」ともいわれる。だがコンサルタントの山口周氏は、「40代後半になってからキャリアの天井にぶつかる日本企業より、若い段階で仕事の向き不向きが分かる外資系企業のほうが中長期的には有利だ」と指摘する――。
※本稿は、山口周『劣化するオッサン社会の処方箋』(光文社新書)の一部を再編集したものです。
■「日本企業は人に優しく、外資系企業は厳しい」は本当か
現在の50代・60代のオジサンたちは、「大きなモノガタリ」、つまり「いい学校を卒業して大企業に就職すれば、一生豊かで幸福に暮らせる」という昭和後期の幻想が存在することを前提にして20代・30代のときに社会適応したにもかかわらず、そのあと社会から裏切られてしまった世代だと言えます。
ここでは、同じ問題を別の角度から考察してみましょう。
それは、よく言われる「日本企業は人に優しく、外資系企業は厳しい」というのは、本当なのかという問題です。
このような指摘がなされる要因は非常にシンプルです。すなわちそれは「外資系企業は容赦なく人を解雇するけれども、日本企業は解雇しない」ということでしょう。
確かに、解雇は当人にとってたいへん大きなストレスになりますから、これをなるべくしないということは「優しさ」と解釈してもおかしくはありません。

「"劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    人間を劣化とか、あとは市場価値が〜とか言うのやめてほしい。上から目線で、他人を貶めるのやめようよ。

    55
  • 匿名さん 通報

    自己主張の強い団塊と常識のないジュニア大嫌い。

    39
  • 匿名さん 通報

    昇進が絶対という50年も昔の古臭い考えからそろそろ脱却しませんか。専門職で突き詰める人も多くなっている現状を理解できない化石人間の文章です。

    36
  • 匿名さん 通報

    安倍ポチのパソナの竹中を応援する汚い記事。所詮はプレジデントオンライン。

    21
  • 匿名さん 通報

    一部の若者が増長している。難関大卒など学歴が人間の価値全てだと思っている、お寒い人が増えた。出身大学と仕事の出来は全く関係ない。残念だがそちらがその気なら、我々も何も教えてやらん!自分で社会勉強しろ!

    15
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!