0

「太りそう・身体に悪そう」のイメージを一新する、スナックミーの「ギルトフリー」お菓子サブスク

2018年10月11日 20時00分

お菓子を勤務中に食べるビジネスパーソンは意外と少なくないはず。出社してからランチまでの間、夕方小腹が減った時、残業の時などシーンはさまざま。食べることで集中力をキープしたり、疲れを和らげている人もいるだろう。筆者も同様だ。

ただ、常に気になるのはカロリーであったり、内容物である。「太っちゃうかも…」「身体に悪いかも…」とちょっとした罪悪感にさいなまれる人もいるだろう。

この問題を解決すべく、そうした罪悪感を生じさせない「ギルトフリー」なお菓子の開発・販売に取り組むベンチャーがいる。スナックミーだ。

高見沢徳明

株式会社フレンバシーCTO

大学卒業後金融SEとして9年間勤めたあと、2005年にサイバーエージェントに入社。アメーバ事業部でエンジニアとして複数の案件に従事した後、ウエディングパークへ出向。システム部門のリーダとなりサイトリニューアル、海外ウエディングサイトの立ち上げ、Yahoo!などのアライアンスを担当。その後2012年SXSWに個人で参加。また複数のスタートアップ立ち上げにも参画し、2016年よりフリーランスとなる。現在は株式会社フレンバシーにてベジフードレストランガイドVegewel(ベジウェル)の開発担当。

ギルトフリーというコンセプト

スナックミーのお菓子たち

最近徐々に話題になってきている「ギルトフリー」というジャンルの食品をご存知だろうか。白砂糖や添加物などを一切使用しないため、前述のように「太っちゃうかも…」「身体に悪いかも…」という罪悪感を生じさせないのがウリだ。

「「太りそう・身体に悪そう」のイメージを一新する、スナックミーの「ギルトフリー」お菓子サブスク」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!