0

NTTデータ、短期間・低コストのBCP(事業継続計画)コンサルティングサービス

2012年3月14日 13時52分 (2012年3月19日 07時14分 更新)
NTTデータは3月13日、企業が災害や事故といった緊急事態に遭遇した際のBCP(事業継続計画)策定を支援する「BizXaaS BCP・DRコンサルティングサービス」の提供を開始したと発表した。

独自に開発した策定手法により最低5回の打ち合わせでBCP策定を実現し、DR(ディザスタリカバリ)対策への最適な投資額を算定する。

同サービスは、被災後の企業状況のシミュレーション、財務面まで含めた分析を行いながら、経済産業省のガイドラインにのっとったBCPを短期間で策定するのが特長。

また、DR対策にはクラウドを活用することで、低コストを実現する。

同社によると、東日本大震災以降、想定外の大規模災害への対応、具体的なDR対策と投資額の算定、クラウドによるDR対策への関心が高まっていることがサービス提供の背景になっているとしている。

サービスの参考価格は300万円からで、今後3年以内に300億円の売り上げを目指す。

また、東日本大震災の復興支援として、東北地方の事業者については選考のうえ、2013年3月末まで同サービスの無償提供が実施される。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!