0

サーファー向けブランド「波王」「波乗達人」など展開、ブレイクスルー(株)が破産開始決定

2015年2月13日 10時50分 (2015年2月25日 12時06分 更新)

 ブレイクスルー(株)(TSR企業コード:510080103、台東区柳橋2-1-10、登記上:愛知県豊川市正岡町池田700、設立昭和63年8月、資本金2925万円、津村正彦社長)は2月5日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には藤原寛弁護士(梶谷綜合法律事務所、千代田区大手町1-7-2、電話03-5542-1453)が選任された。
 負債総額は債権者約70名に対して約5億7000万円。

 サーファー向けの衣料品卸小売を手掛けていた。当初は海外の他社商品の卸のみだったが、平成12年ごろから自社ブランド「波乗達人」「波王」を冠した和柄商品の企画開発を開始した。全国の商業施設内に出店した直営店「波達蔵出」での販売に注力することで、ピーク時の平成20年7月期には売上高8億6465万円をあげていた。
 しかし、個人消費の低迷で売上が伸び悩み、入居していた商業施設が東日本大震災により一時休業したり、計画停電による営業時間短縮などの影響もあって23年7月期は売上高約6億9400万円にとどまった。経費削減のほか、不採算店舗の閉鎖や在庫評価の見直しを進めてきたが、売上の減少に歯止めがかからず、25年7月期には売上高4億7145万円に落ち込んだ。
 その後、卸部門の他社への事業譲渡や小売店との販売代理契約などで事業転換を図ってきたが、近年の度重なる赤字決算で財務が弱体化して資金繰りが限界に達し、27年2月2日までに事業を停止した。
 なお、「波乗達人」「波王」の商標は2月3日以降、他社で取り扱っている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!