0

アメリカでMBA取るならこのビジネススクール 全米ベスト25

2015年8月23日 09時13分

(写真=Thinkstock/Getty Images) (ZUU online)

[拡大写真]

 キャリアアップをはかるために多くのビジネスパーソンが考えるのがビジネススクールに行ってMBAを取ることだろう。最近では日本でもMBAが取れるコースがあるが、やはり本場はアメリカ。しかしアメリカには多数のプログラム、コースがあって選びきれない。そういうときに便利なのが調査機関によるランキングだ。今回は、USニュース&ワールドレポートがフルタイムのマスタープログラム464コースを対象に行った調査に基づくランキングを紹介する。調査は2014年秋から15年初めにかけて行われ、実際には126のコースを選出している。25位から見ていこう(なお各校の紹介はWebメディアThe Streetによる)。

25位(タイ) ノートルダム大学(メンドーサ)
授業料 $46,800 登録者数 323
1921年設立。ビジネスカリキュラムにカソリックのソーシャルティーチングを取り入れているのが特徴。倫理的なジレンマに向き合い、モラルのある代案を考え、高潔さを持ったリーダーになるための方法を教えられる。

25位(タイ) 南カリフォルニア大学(マーシャル)
授業料 $51,786 登録者数 431
南カリフォルニアの都心にあり、グローバルなカリキュラムを誇る。ローカル、グローバル両方において、ビジネスおよび社会の問題解決に対処できる人材を育てており、修了生には国際的なマーケットでの成功が約束されている。

24位 ジョージタウン大学(マクドノー)
授業料 $52,200 登録者数 528
カソリックおよびユダヤ教の大学で、カリキュラムにおいてアカデミズムと同様に倫理を重視する。ビジネス、公共政策、国際市場に力点を置いており、ワシントンD.C.に影響力を持つ。

23位 ワシントン州立大学(フォスター)
授業料 $43,086 登録者数 248
1917年設立、トップMBAプログラムの常連校。高い就職率を誇る。リーダーシップ、戦略、起業などのプログラムがある。

22位(タイ) インディアナ大学 – ブルーミントン(ケリー)
授業料 $44,460 登録者数 391
1920年設立。国際的なパートナー校が多く、ビジネスの国際的な理解を深められる。学部などを超えたコラボレーションが推奨されている。

22位(タイ) エモリー大学 (ゴイズエタ)
授業料 $48,100 登録者数 384
1919年設立、財政面での発展をさせながらも社会的な効率性を追い求めるトレーニングを提供する点が特徴。2014年にはポエット&クワンツによって就職率全米ナンバーワンにランクされた。

20位 カーネギーメロン大学(テッパー)
授業料 $58,300 登録者数 421
不確かな市場においても結果の出せるリーダーに必要な知識と手法を持った人材を育成する。このために、個別のリーダーシップコーチングやメンタリングに重点を置いている。

19位 ワシントン大学セントルイス校(オーリン)
授業料 $51,500 登録者数 281
全米でも研究に定評のあるビジネススクールの1つ。ミッションは「知識を創造し、個をインスパイアし、ビジネスを変革する」。

18位 ノースカロライナ州立大学 チャペルヒル校(キーナン フラグラー)
授業料 $52,470 登録者数 562
5つのコアバリューに力点を置いている。それは経験、リーダーシップ、インテグリティ、コミュニティ、そしてチームワークだ。同窓生のネットワークも強固で、エコノミスト紙のトップMBAプログラムにランクインしている。

17位 テキサス大学 オースティン校(マコームズ)
授業料 $48,832 登録者数 551
南西部で最も古いビジネススクールの1つ。社会に前向きな変革をもたらすリーダーを育てることを目的とする。オースティンの学生たちは、エネルギー効率やサステナビリティ、イノベーション、クリエイティビティーの探求に貢献することができる。

16位 コーネル大学(ジョンソン)
授業料 $58,192 登録者数 585
チームでの課題解決案件を多数こなすことで、実行力を身に付ける。あらゆる課題を学び、調べる機会を多数得られることが特徴。

15位 カリフォルニア州立大学 ロサンゼルス校(アンダーソン)
授業料 $51,159 登録者数 708
最も必要とされる変化を加速することを目的とし、考え、協力し、リーダシップを発揮することを評価する。学生たちはまずフィールドスタディの手法を確立する。そのうえで、パートナーである組織のマネジメントのために、深いリサーチ、戦略的プランを練る機会を与えられる。

13位(タイ) イェール大学
授業料 $58,975 登録者数 625
1976年設立。学生たちはアカデミックな経験の一部として、国外へ出ることが求められる。他の学部の履修も推奨されている。

13位(タイ) デューク大学(フークア)
授業料 $58,000 登録者数 876
学生にとってのメリットの1つは、有名な学部およびデューク大学の研究施設と近く、関係が深いことだ。

11位(タイ) ミシガン州立大学 アン アーバー校(ロス)
授業料 $59,450 登録者数 886
個別にリーダシップ開発するところに力点を置いている。学生たちは各個人に合わせたエグゼクティブな指導や個人の振り返り、フィードバックを経て自分なりのリーダーシッププランをつくりあげる。

11位(タイ) ニューヨーク州立大学(スターン)
授業料 $60,744 登録者数 798
世界でも最も古いビジネススクールの1つ。NYUスターン校がめざすのは、ビジネスと社会の両方において道を切り開けるようにすること。総合的なマネジメント力を身に付けると同時に、将来のキャリア形成に役に立つよう、特定のビジネスエリアの研究に専念する。

10位 バージニア州立大学(ダーデン)
授業料 $54,698 登録者数 633
南部では初めてのビジネススクール。グローバルなマインドを持った責任感のある起業家を育てる。学生と同窓生の協同を推奨している。

9位 ダートマスカレッジ(タック)
授業料 $61,605 登録者数 558
フルタイムのMBAを提供しており、 強く息の長い関係を構築し、チームワークを強固なものにできるようになるために、学生たちに寮生活を推奨している。ダートマスと同様、タック校はクオリティというものを、清廉さ、経験、コミュニティ、個性、多様性、包括性と同様に重視する

8位 コロンビア大学
授業料 $63,148 登録者数 1,270
ビジネスそして社会において価値を創造する学生を育てる。アッパー・ウェスト・サイドにあるため、世界の中心でもあるNY市へのアクセスのしやすさは他に類を見ない。

7位 カリフォルニア州立大学バークレー校(ハース)
授業料 $54,066 登録者数 503
1898年設立。全米でも最も古い公立の大学にできたビジネススクール。ハースがめざすモデルは、新しいアイデアを行動に移すことで、いかなるビジネス領域に置いて企業に活力を与えられる人物。

6位 ノースウェスタン州立大学(ケロッグ)
授業料 $61,596 登録者数1,047
ケロッグの学生たちは、人や組織、マーケットにおいて成長を呼び起こすことができる。いくつもあるプログラムから選択でき、1ダース位上ある研究施設にもアクセスできる。

5位 マサチューセッツ工科大学(スローン)
授業料 $63,454 登録者数 812
1914年設立、MITスローンスクールは、世界的な関心を持った学生を育成する。いくつもある国際機関や大学とコラボレーションしており、学生たちは国際的なビジネス団体への参加が推奨される。

4位 シカゴ大学(ブース)
授業料 $61,520 登録者数 1,181
1898年設立。世界でも2番目に古い。常に疑問を持ち、アイデアを試し、証明することを求められる。

3位 ペンシルベニア大学(ウォートン)
授業料 $62,424 登録者数 1,711
1881年設立。ウォートンスクールは世界で初のカレッジによるビジネススクール。世界中に9万人の同窓生がおり、その関係性は深く、世界中でネットワークを持つことができる点が強みだ。

2位 ハーバード大学
授業料 $58,875 登録者数 1,867
世界で変化を起こすことができるリーダーを育てることを目的とする。そうすることで、HBSはケースメソッドの先駆者となっており、リアルなビジネスの境遇において制約を受けながらもチャレンジする学生が育つのだ。

1位 スタンフォード大学
授業料 $61,875 登録者数 825
1925年設立。リーダーシップの養成に重きを置いている。マネジメントの事例シミュレーションの機会が与えられる。学生同士の競争を経験し、チームワークと強い関係性の構築させている。

 いかがだっただろうか、上位には誰もが知っている有名校が名を連ねているが、「もっとランクが高くてもいいのでは?」と感じるようなところもある。あくまで1つの見方として、スクール、プログラム選びの参考にしてほしい。(ZUU online 編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「アメリカでMBA取るならこのビジネススクール 全米ベスト25」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!