0

小泉総理も信頼した男がもくろむ政界再編(前編)――小野次郎氏(維新の党政調会長)×德川家広氏

2016年2月8日 14時54分

(おの・じろう)1953年山梨県生まれ。東京大学法学部卒業後、76年警察庁入省。79年仏アンジェ大学留学後在仏大使一等書記官を務める。鹿児島県警本部長を経て2001年、小泉純一郎内閣の首相秘書官に就任。05年自民党公認で衆議院議員初当選。10年自民党離党後、みんなの党公認で参議院議員初当選。13年結いの党に参加し初代幹事長に就任。14年結の党と日本維新の合流により生まれた維新の党に参加し総務会長に就任。15年維新の党政調会長に就任。

小泉「劇場内閣」では首相秘書官という裏方として活躍し、2005年の郵政選挙で国政の表舞台に登場した小野次郎さん。旧内務省、警察出身の政治家は中曽根大勲位、後藤田正晴亀井静香と、それぞれ一時代を築いて来た。小野さんも、自民党からみんなの党、結いの党・維新の党へと小政党を移動し、今では維新の党の政調会長として野党再編のキーマンである。日本政治に「小野次郎の時代」は来るのか? その可能性を占うべく、お話を聞いた。

内務省は観念論に陥らず現実的な組織だった

德川 小野さんが東大在学中に警察庁を志望された動機が、「警察は旧内務省の精神を受け継いでいるから」というものだっ

たと聞いています。

小野 大学4年で公務員試験を受けた時に、別にどこと決めていたわけではなかったんです。自治省はどうかと思って行くと、今も総務省はそうですが、警察庁と同じ建物にありました。先輩たちも両方に行っている。それで資料を見ていると、最初は同じ内務省だったのが戦後になって別れたといったことも分かってきました。20代で地方へ出て、自治省だったら財政課長とか行政課長で、一般行政をやる、と。警察へ行けば捜査二課長とか何かをやって、普通の方が20代では経験しないようなことをすると分かって「いいな」思いました。それから、土田國保さんという、奥さんを爆弾事件で亡くした後で警視総監に就任した方がおられたんですが、警視総監の時に警察からこの方に「会いに行け」と言われて行きました。そうしたら「他の役所を希望しているかもしれないけれど、僕と一緒にやらないか」と言われて。奥さんを亡くした警視総監というのは悲劇的であるけれど、尊敬できるすごい方だなと思ったんです。それで大蔵省とか通産省を全部消して、警察庁一本で行くと公務員試験の届けを書き直しました。

德川 今では馴染みがない読者の方も多いと思いますので、戦前の内務省について解説をお願い致します。

小野 内務省というのは権力的で中央集権的で上から目線みたいな非常に悪いイメージが伝わっています。ところが、旧内務省は右も左もないんですよ。旧内務省の各省庁出身の政治家の方は、自民党べったりではなくて、いろいろな政党から出ておられる方がいますよね。それはやはり、旧内務省的な感覚の中に「民と行政」というものはあっても、「保守と革新」みたいな感覚がないからだと思います。民衆と直接に接しているから、イデオロギーではなく、市民との関係で自分のなすべきことを決めていくという考え方でした。

私もこの3月に予算委員会で安倍首相に言いましたが、いまだに国も県も市町村もタイムカードを導入していないのが日本の行政なんですよ。それは「24時間働いています」という伝統かもしれないけれど、見方を変えると身分だと思っているということです。普通の企業だと残業の総量を規制するのに、まず誰がどれくらい働いているかを見るものがない。川路さんはそれを140年前に指摘していた。とにかく旧内務省はイデオロギー的でなく、現実に即してやっているから観念論に陥らない。そういうところが好きでした。

政治家や企業が恐れる捜査2課長に

德川 警察庁のキャリアの仕事というのは、どういう具合なのでしょうか。

小野 僕は28歳で茨城県警の捜査2課長になりました。関係しない人はご存じないかもしれないけれど、どこの県警にも2課はあります。これにビビるのは政治家、公務員、それから企業ですね。なぜかというと、企業犯罪と汚職と選挙違反を手掛けているから。それ以外は捜査1課なんですね。だから、公務員の人にしても、政治家のバッジをつけている僕らにしても、「2課が来た」というと「嫌だな」と思うんです。選挙違反のことか、贈収賄のことかと。そういうことの責任者を28歳でやったわけです。

 僕が最初に手掛けた事件は、宗教施設を建てるために財団法人をつくるということで、何百人もの人から合計20億円余りを集めて、5~6年かかって結局何もできなかったという事案です。しかし、これは何の罪なんだ、というと、非常に難しい。最初からでっち上げだったら詐欺罪ですが、最初はできると思っていたけれど、できないことが分かった後も寄付でお金を集めていた分は詐欺になるわけです。

 ところが悩ましいのは、例えば寄付した人が、他の人にも嘘を交えて寄付をさせるといったケースが出て来ると、寄付をした限りでは最初の人は被害者だけれども、次の人に対しては加害者という消費者犯罪、マルチ商法みたいになってくる。こうなると、事件にすればよいというわけではなく、どこまでが加害者でどこからが被害者かといったことを、当時28歳の僕が社会常識に照らして判断していかなくてはならなかった。結構有名な方も含めてたくさんの方が絡みましたが、事件解決というよりは行政的な判断が求められた事例でした。

 今、政治家になって10年たちますが、やはり役立っているのは、どこまでは救えるか、どこからが悪者なのかという判断力や、あるいは危機管理で予期していないような想定外のことが起きた時の対処の経験です。その意味では、警察庁の30年近くは財産だと思います。

鹿児島県警本部長は憧れのポストだった

德川 鹿児島県警本部長になりましたが、その時のご経験を。

小野 県警本部長になったのは45歳の時でした。自動車は知事さんと同じでトヨタのセンチュリーでしたが、驚いたのは道路で車を止めて、とことこ歩いて歩道を渡ろうと思ったら、鹿児島市民の方が立ち止まってお辞儀をするんですよ。これは東京勤務の時にはあり得なかったことで、「知られちゃっているんだ」と緊張しましたね。

德川 鹿児島は川路利良さんの故郷ですよね。

小野 はい。警察に勤めている人間にとっては、鹿児島県警本部長は憧れのポストのひとつなんです。今、警視庁には4万数千人の警察官がいますが、明治の最初には3千人で、そのうち1千人は鹿児島から、明治政府にポストをもらえなかった若者を連れてきました。後の2千人は会津とか水戸だとか旧幕府方が多かったようです。だから今でも警視庁には2千人くらい鹿児島県人がいるんじゃないでしょうか。相当の割合が鹿児島県人ですから、鹿児島県警本部長になったと言うと「おーっ、お前、良い所へ行くじゃないか」と言われるんです。(以下後編に続く)

文=德川家広 写真=幸田 森

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「小泉総理も信頼した男がもくろむ政界再編(前編)――小野次郎氏(維新の党政調会長)×德川家広氏」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!