2

「新党結成」に進む小池都知事と“盟友”若狭勝氏に原発政策で温度差!?

2017年9月19日 15時44分 (2017年9月23日 01時49分 更新)

固く握手する二人だが、原発政策に関しては一致しているとは言えない

 小池百合子都知事は9月16日、“盟友”の若狭勝衆院議員が開いた政治塾「輝照塾」の第一回講義に駆けつけ、元国会議員や現職地方議員ら約200人の塾生を前に講演を行った。

◆原発テロ対策に関する質問を露骨に無視した小池都知事

 講演で小池知事は「若狭氏との“出会い”は福島第一原発の視察だった」と振り返りながら、「しがらみの政治に任せず、新しい切り口で進めてほしい」などと呼びかけた。一方の若狭氏は都議選で小池新党(地域政党「都民ファ―ストの会」)が圧勝した余勢を駆って年内に新党を結成し、塾生から次期総選挙の候補者を選ぶという方針を明らかにしていた。

 原発問題にこだわりのある2人が「脱・しがらみ政治」で連携すると聞けば、否が応でも「電力業界など“原子力ムラ”とのしがらみのない脱原発政党(新党)が誕生、原発推進の安倍政権と対峙するのか」ということも考えられるのではないか。

 しかし講演後の小池知事の囲み取材で、記者の読みは完全に外れた。

 記者が「原発テロ対策不十分な中での再稼働反対を(新党の)基本政策にしてほしいですか」と聞いたとたん、小池知事は何も答えずに「他の方、どうぞ」と露骨に無視。

 続いて別の記者からの「改憲を最優先課題にするのか」という主旨の質問に対して、小池知事は「国民の皆様が本当にいま求められている、さまざまなニーズというものを受け止める。むしろ発信できる。そういうような塾になってくれれば、いいのではないかというふうに思っています。大変、楽しみにしています。ありがとうございます」と言って、3分で会見を打ち切ろうとした。

 そこで記者は「北朝鮮の脅威に対する原発テロ対策は打ち出さないのですか」と言って呼び止めようとしたが、小池知事はそのまま立ち去ってしまった。

◆若狭氏「新党の方向性は原発再稼働反対になると思う」

 小池知事は講演で、若狭氏との“出会い”について、こう語っていた。

「若狭さんとの出会いと言ったら何ですけれども、実は知事選の前、私は『福島第一原発に行ってみませんか』と当時の自民党の何人かの議員の人に声をかけてみたのですが、結局、若狭さんと私で福島第一原発に最初に行ってまいりました。

 それは、エネルギーの問題もありますが、『テロ対策』という治安の関係から『これで日本の原発はいいのだろうか』と。特に若狭さんはそちらからの方向性で一緒に福島原発を視察したということです」

 若狭氏は自民党国会議員時代(6月に離党)、「原発攻撃(テロやミサイル)への対策が不十分。原発再稼働はするべきではない」と問題提起。去年10月の東京10区補選でも持論をホームページに掲げて戦うなど、安倍政権に異論を唱える国会議員が皆無に等しい自民党内でも稀有な存在だった。

 この立場は自民党離党後も変わっていない。若狭氏の囲み取材で、「『しがらみ政治脱却』の中に原発問題は入らないのか。テロ対策不十分な中で再稼動反対するのか」と聞くと、若狭氏は「新しい党の下では、そういう(原発再稼働反対の)方向になると思います」と答えた。

◆若狭氏と小池知事の間に原発政策で温度差あり!?

 さらに「『北朝鮮情勢緊迫化の中で原発テロ対策が不十分』と言っていたが、(原発推進の)安倍政権と対峙する立場なのか」と確認すると、「個人的意見」と断りながらも次のように明言した。

「原発テロがかねてから想定されているわけですけれども、その原発テロの対策としては弱いと思っています」(若狭氏)

 こう明言した若狭氏に対して、同じ問題意識(原発テロ対策が不十分)を共有して福島原発視察をしたはずが、明言を避けた小池知事。明らかに大きな違い(温度差)がある。しかし小池知事は“若狭新党”の党勢拡大に欠かせない、“陰の党代表”のような存在。新党の役職に何も就かなくても、党代表と同等以上の政策決定権を有すると考えられる。

◆小池知事の“恩師”小泉純一郎元首相は「原発テロ対策の甘さ」を各地で警告

 小池知事は今後、原発再稼働反対を掲げる「安倍政権対峙路線」を選ぶのか、それとも政権補完勢力となるのかが注目される。

 小池氏を環境大臣に抜擢した“政治的恩師”の小泉純一郎元首相は、今でも原発ゼロ社会実現を目指して全国講演行脚中だ。「日本の原発テロ対策は甘い」という警告も各地で発している(小泉純一郎『黙って寝てはいられない』より)。

 9月8日には福井県小浜市で講演し、北朝鮮によるミサイル発射が相次ぐ情勢について「原発が標的になり得る」とも指摘した。この小泉元首相の訴えを、小池知事はどう受け止めるのだろうか。

<取材・文・撮影/横田一>
よこたはじめ●ジャーナリスト。著書に『新潟県知事選では、どうして大逆転がおこったのか』(七つ森書館)『検証・小池都政』(緑風出版)など

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    しがらみの無い政治…笑わせてはいけない、都ファ応援に回ったの連合だし、連合と言えば電力関係多し!だから質問無視。民進が縛られてるところだ。

    1
  • 匿名さん 通報

    小池も「渡り鳥」の異名だったが、若狭も選挙毎に渡りまくってたな。信用できんわ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!