100+

実質賃金、21年5カ月ぶりの伸びに=6月の毎月勤労統計

2018年8月7日 11時31分
[東京 7日 ロイター] - 厚生労働省が7日発表した6月の毎月勤労統計調査(速報)によると、名目賃金に当たる現金給与総額は前年比3.6%増の44万8919円と、11カ月連続で増加した。実質賃金も2.8%増と2カ月連続で増加し、ともに21年5カ月ぶりの高い伸び率となった。
企業業績の回復を背景に、夏のボーナスを増やしたり前倒しで支給したためとみられる。ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は、前年比7.0%増の18万3308円だった。賃金の基調としては「緩やかに増加している」との見方を据え置いた。
給与総額のうち、所定内給与は前年比1.3%増の24万5918円と15カ月連続で増えた。所定外給与は同3.5%増の1万9693円と、8カ月連続で増加した。
厚労省によると、97年1月の現金給与総額の伸びは6.6%、実質賃金は6.2%だったという。

「実質賃金、21年5カ月ぶりの伸びに=6月の毎月勤労統計」のコメント一覧 100+

  • 匿名さん 通報

    厚労省....大本営発表だねw。最近この手の発表は中国と変わらん。33兆円も水増ししてた家計資産統計とか中国もびっくりやで。

    52
  • 匿名さん 通報

    嘘つき安倍晋三の率いる厚労省。

    50
  • 匿名さん 通報

    総務省が家計消費が前年比マイナスと公表している。庶民は家計は火の車、一方で富裕層や投資家は投資を続けて資産価格は上昇。庶民が自民党を支持して格差が拡大する社会、自虐庶民に呆れる。

    50
  • 匿名さん 通報

    最悪なのは日銀による株価操作でしょ?下げ基調を今日も無理やり上げやがった!年金消えて無くなるぞ。売り抜けに対抗してるんだから!

    29
  • 匿名さん 通報

    化学製品や電子部品・デバイスの在庫が増加、中小企業売り上げ見通しが悪化した。←政府が正確な情報流さなきゃそうなるわな!

    20
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!