3

三越伊勢丹HD、伊勢丹相模原店・府中店など3店舗を閉店へ

2018年9月26日 15時49分
[東京 26日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は26日、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越の3店舗を閉店すると発表した。伊勢丹相模原店と府中店は2019年9月30日、新潟三越は2020年3月22日に営業を終了する。
同社は、18年度までを構造改革実行期間と位置付けており、不採算店舗の閉店などを進め、19年度以降の再成長につなげたい考え。
伊勢丹相模原店は、1990年に開店。ピーク時の96年度には売上高が377億円まで拡大したが、競争環境激化などにより、赤字が恒常化。2003年度以降、合計約104億円の減損損失を計上していた。
伊勢丹府中店は1996年に開店。開店初年度が売上高のピークで、2003年度以降、合計約34億円の減損損失を計上していた。この施設については、新たな商業施設化に向けた協議を関係者と進めていくという。
新潟三越は、1936年に小林百貨店として開業、80年に新潟三越百貨店へ社名変更した。今後は、新潟伊勢丹への営業力の統合・集約により活性化を図るとしている。

(清水律子)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「三越伊勢丹HD、伊勢丹相模原店・府中店など3店舗を閉店へ」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    郊外の百貨店は、無くなるでしょう。都心の店舗に集中投資してブランド力とキーマンの集約化で、特色を出し生き残る道しかない。ネット通販に押されて、勝算はないでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    お疲れ様でした。

    0
  • 匿名さん 通報

    不採算だからお店閉めるってバカでもできる経営判断だけど… ? 売上を上げるお店を無くして経営再建って子供でもわかるウソつくな… そんな経営で残った店に客は来ないだろう?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!