0

金融庁、東証に報告命令 システム障害で=関係筋

2018年10月11日 15時06分
[東京 11日 ロイター] - 金融庁が、金融商品取引法に基づき、東京証券取引所に対して報告命令を出したことが分かった。関係者が11日、ロイターの取材に対して明らかにした。東証の株式売買システム「アローヘッド」で発生した一部接続障害について、金融庁は詳細な原因などを報告するよう東証に求めた。
東証のアローヘッドでは9日、通信経路確認のための電文が通常の1000倍以上の規模で東証に送られ、注文を処理するサーバーの前段階に位置する4台の負荷分散装置の1つがダウンした。
別の関係者によると、大量の電文を送付したのは、メリルリンチ日本証券の顧客である米国の機関投資家。
東証は証券会社に対し、複数の装置に接続できるよう要請していた。しかし、システム障害発生時に他の装置への切り替えができなかったところもあり、40社弱の証券会社に影響が出た。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

「金融庁、東証に報告命令 システム障害で=関係筋」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!