0

米Wファーゴ、7─9月期は32%増益 コスト削減が奏効

2018年10月13日 04時49分
[12日 ロイター] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が12日発表した7─9月期決算は、コスト削減計画が奏功し、32%の大幅な増益となった。
総非金利費用は4.1%減の137億ドル。前年比での減少は今年に入ってから初めてとなる。
シュリューズベリー最高財務責任者(CFO)は2020年までに費用を約30億ドル削減する目標を表明。向こう3年間で約800の支店を閉鎖し、従業員の10%を削減する。
経費削減と減税の効果で大幅な増益となったものの、アナリストの間では収入低迷や融資縮小に対する懸念が出ている。
総収入は0.4%増の220億ドル。部門別で増収となったのは地域銀行部門のみだった。リフィニティブのI/B/E/Sデータがまとめたアナリスト予想では219億ドルだった。
総融資は1%減の9423億ドル。新規住宅ローンが130億ドル減少した。
これに対し、最大手のJPモルガン・チェース<JPM.N>の同四半期の総収入は5.2%増、融資残高の平均は6%増となっている。
エドワード・ジョーンズのアナリスト、カイル・サンダース氏はWファーゴについて「融資と収入の伸びが引き続き課題となっている」と述べた。
ただ金利上昇を受けて、純金利マージン(NIM)は2.94%と前年同期の2.86%から上昇。普通株主帰属の純利益は54億5000万ドル(1株当たり1.13ドル)と、前年同期の41億3000万ドル(同0.83ドル)から増加。ただ調整後の1株利益は1.16ドルと、アナリスト予想の1.17ドルに届かなかった。
Wファーゴは、個人向け銀行業務などで不祥事が相次ぎ、過去2年にわたり信頼回復に向けて取り組んでいる。ムーディーズ・インベスターズ・サービスの上級バイスプレジデント、アレン・ティシュラー氏は「今回の決算は前期に比べ雑音が少ないが、これまでの不祥事によるさらなる落ち込みは払拭できていない」と述べた。
連邦準備理事会(FRB)はWファーゴの一連の不祥事を受け、同行に対し企業統治(コーポレートガバナンス)とリスクコントロールが改善されるまで資産規模を1兆9500億ドル以下に抑えるよう命じている。
9月末時点の資産規模は1兆8800億ドル。WファーゴはFRBが同制限措置を来年上半期に解消するとの見通しを示している。
*内容を更新しました。

「米Wファーゴ、7─9月期は32%増益 コスト削減が奏効」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!