0

手頃な価格で音のいい英国製スピーカーシステム

2017年10月1日 07時20分 (2017年10月2日 10時30分 更新)

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン(東京)は、英国のスピーカーブランド、ミッション(Mission)の取り扱いを開始。10月中旬からエントリークラスのLXシリーズ3機種を発売する。手頃な価格と“繊細で躍動感のあるサウンド”がポイントになる。ラインアップは、2ウェイ・ブックシェルフ型のLX-2(3万8,000円 ペア・税別)、縦長の2ウェイ・フロアー型LX-4(5万8,000円 1台・税別)、ホームシアターのセンタースピーカーに適した2ウェイ・システムLX-C(2万8,000円 1台・税別)で、ウォールナット(WN)とブラック(BK)の2つの仕上げが用意されている。

 低音用コーン・ウーファーと高音用ドーム・トゥイーターによる2ウェイ構成で、LX-4とLX-Cは2基のウーファーでトゥイーターを挟む配置、LX-2は上部にウーファー、下部にトゥイーターという通常とは逆の配置として、より低音と高音が一体となった優れた再現性が得られるようにしている。主な仕様は、最も大きなLX-4でインピーダンス6Ω、感度90dB、サイズ・重さが幅214×高さ975×奥行300mm・25.5kg。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!