0

GACKT アルバム『LAST MOON』を最期の“VISUALIVE”ツアーで表演/インタビュー1

 

■GACKT/New Album『LAST MOON』インタビュー(1/4)

「精神的にも体力的にも、これが最期のVISUALIVEになる」

4月27日(水)、GACKTの7年ぶりとなるオリジナルアルバム『LAST MOON』がリリースされる。『雪月花 -The end of silence-/斬~ZAN~』(2009年)以降のシングル群から選ばれた楽曲を収めつつ、最新シングル「ARROW」を含め、このアルバムの主眼は、GACKT独自の表現方法で構築されたステージ作品“VISUALIVE”最新版『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月‐LAST MOON‐』(3月19日から全国ツアー中)で“表演”することに置かれている。2015年夏に実施した『ARROW』取材時にGACKTは、ツアーに向けて、和歌とロックを融合させた楽曲をつくっている、と明かしていた。その際、PCで我々に聴かせてくれた美しい音の断片は、「花も散ゆ」というジパングロック最新版として今作で結実している。本インタビューは、アルバム未完成の段階で、『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月-LAST MOON-』スタートを目前に控えた多忙な状況下で行われた。“LAST(最期)”を掲げた意味を改めて問いつつ、本作でさらに深まったGACKTワールドの誕生の裏側を尋ねた。

関連キーワード

2016年4月26日 18時30分

「GACKT アルバム『LAST MOON』を最期の“VISUALIVE”ツアーで表演/インタビュー1」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!