0

阿部真央の歌詞は、嘘をつかない――<阿部真央考>静かに拡散し続ける秘密を探る/コラム

2017年4月3日 13時00分

阿部真央/Album『Babe.』発売記念特別企画

阿部真央の7枚目となるアルバム『Babe.』がリリースされた。前作『おっぱじめ!』から約2年の間に、阿部は結婚や出産などの、人として女性としての大イベントを経験。生き様が歌に直結するソングライター、阿部真央の新作を音楽ファンならば心待ちにするだろう。だが、コアな音楽ファンに留まらない不思議な響き方をするアーティストで、様々な聴き手に受け止められていることが分かってきた。ややもするとその存在すら知らないような中学生女子が、阿部の曲を元に振り付けたダンスを動画投稿アプリにせっせとアップ。かと思えば、50代男性が彼女のバラードを熱唱したりもしているという。地上波テレビには滅多に顔を出さず、前述のような層との接点が少ない阿部真央が、なぜ……。それを探るべく、様々な媒体で日々膨大な楽曲とユーザーをつないでいる現場の声を傾聴することにした。
(取材・文/橘川有子


【MixChannelの場合】
「MixChannel」は女子中高生の3人中2人が使うという、10代に絶大な人気動画投稿アプリだ。そもそも、流行に敏感なユーザーが多いことでも知られ、ピコ太郎「PPAP」のミュージックビデオにいち早く反応して盛り上がったのがここのユーザーだった。あのジャスティン・ビーバーより2週間も早かったことからもそれは裏付けられる。

トレンドを捉えるのに長けたユーザーが、2年間ほぼ動きがなかった阿部真央とリンクしているのはなんとも不可思議だが、「歌詞の素晴らしさが、世代差をも凌駕する」と「MixChannel」を運営する株式会社Donutsのディレクター・金子健人氏は語る。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!