0

lynch. 曲ごとにベーシストを替えるという葉月からの提案をきっかけにバンドが前に/インタビュー2

2017年5月31日 23時55分
 

■lynch./New EP『SINNERS-EP』インタビュー(2/4)

――インタビュー1より

今までのlynch.を意図的に変えるようなことはしたくなかった

――そうしたみんなからの期待に見事に応えたのが『SINNERS-EP』です。水面下で復活に向けて動き始めた時、新作の構想もメンバー内で話し合ったんですか?

葉月:話し合いはそんなになかったですね。ベーシストを1曲ごとに替えたいというアイデアだけ出して、それについての話し合いはあったかな。このベーシストにしたいんですけど、ぐらいの。曲についてはいつもそうなんですけど、特にないんですよね。僕が作り上げたものをメンバーに渡して、どうですかっていう。いいねとなればいいし、まあ、“う~ん……”となることもないんですけどね(笑)。

――メンバー内では共通意識があったから、特別、話し合わずともという感じだったんですかね。でもベーシストを1曲ずつ替えるのは、現実的にそうせざるを得なかったからだけど、別の見方をすると、ミュージシャンとして贅沢ですよね。だって憧れのベーシストや音を出してみたいベーシストと、自分達のオリジナル曲を一緒にやれるわけですからね。

玲央:明徳がいなくなって、だからこそできることって何だろう、なおかつ、それを知った時にファンのみんながおもしろそうと思ってくれることは何だろうって考えていた時に葉月から具体的な提案をもらって、それはおもしろいじゃんと。そうやってバンド内が前に進む方向にディスカッションしていける環境になっていったんです。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!