0

デビュー10周年のレキシ、武道館でキャリアを華麗に総括!

2017年11月27日 12時30分
デビュー10周年を迎えた池田貴史のソロ・プロジェクト“レキシ”が10 月10日、11日に日本武道館でワンマンライブを開催した。記念イヤーの今年は春にシングル『KATOKU』をリリースし、6月から全国ツアー『レキシツアー2017 不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち』を実施。夏にはフジロックフェスティバルに初出演し、秋には世界遺産(岩手県平泉町・観自在王院跡)や大阪城など歴史の重みがある会場でのライブを実現した。そして迎えた今回の日本武道館2デイズは、怒涛の記念イヤー終盤のハイライトとして盛り上がりをみせた。

■チケットは争奪戦、レキシのライブの楽しさとは?

いまやレキシといえば、チケットが取れないアーティストの一人として形容されることも多い。実際、6月からのツアーは全会場ソールドアウトし、今回の日本武道館2デイズも完売した。その人気のわけは、楽曲の良さ、池ちゃんの愛称で知られる池田貴史の人柄が愛されていることに加え、ライブの楽しさが強力な武器となっている。たとえばソウルやファンクといった“横ノリ”のサウンドも、レキシというコミカルなフィルターを通すと、様々なタイプのリスナーが身構えることなく自然と受け入れることができる。スティーヴィー・ワンダーから日本の歌謡曲まで縦横無尽に行き来するレキシのライブは、池田貴史がナビゲートする“音楽旅行”とも言え、濃密な見ごたえがある。

■日本武道館2デイズは、セットリストが日替わり!

今回の『不思議の国の武道館と大きな稲穂の妖精たち』と銘打った2夜連続の武道館公演は、セットリストが日替わり。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!