0

WANIMAと時代の親和性は歌詞にあり 名フレーズから解き明かす


今夏は全国のフェスを席巻し、ロックキッズを魅了したWANIMA。一方で、数多くのタイアップも獲得し、その楽曲はお茶の間でも親しまれている。パンクロックを出自としながら、幅広いフィールドにいる人の心を掴む稀有なバンドとなった彼ら。そのポイントは歌詞にあるのではないか?と考察し、彼らの楽曲の中から3つの名フレーズをピックアップ。来年1月17日にニューアルバム『Everybody!!』をリリースすることも発表され、さらなるブレイクが期待される今、彼らと時代の親和性を探る。

■“涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる”『ともに』

2016年8月にリリースされた2ndシングル『JUICE UP!!』の1曲目を飾り、ニベア花王「8×4ボディフレッシュ」のCMソングとしても流れた楽曲。アッパーな曲調にのせて、矢継ぎ早にメッセージが届けられる。“出逢えてよかった ありがとう この想いよ 届け”に象徴されるように、聴き手に対する感謝とも受け取れる楽曲だが、それとともに、上記のフレーズのように“びびってる”などと本音をむき出しにしているところがWANIMAらしい。不安定な世の中で、崩れそうな心を奮い立たせている人、毎日びびりながら踏ん張っている人はたくさんいる。終盤には“生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る 生きていれば…命さえあれば…”というフレーズも。決して大袈裟じゃない。本物の笑顔と命の輝きが、ここにある。

関連キーワード

2017年12月11日 11時40分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!