0

OLDCODEX『they go, Where?』嘘のないライブ


ボーカルのTa_2(タツ)とペインターのYORKE.(ヨーク)による異色のロックバンドOLDCODEX(オルドコデックス)が、5thアルバム『they go, Where?』を引っ提げてのツアー『OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?”』を開催。ここでは、10月8日に埼玉県 戸田市文化会館で行われたライブの様子をレポートする。

■音楽と美術の融合

OLDCODEXのライブはいい意味で異様だ。会場に入ると、まずは巨大なセットに目を奪われる。床から天井までを埋め尽くすペイント作品はYORKE.によるもの。筆や刷毛、それらを使う手などがモチーフとなっている。非常に細かい作りだが、パンクとポップの両方を感じられ、これを見ているだけであっという間に時間が経ってしまう。ドラムやマイクスタンドがペイント作品に囲まれている様は、まるで美術館の中でライブが行われるかのよう。

Ta_2、YORKE.の二人がステージに現れると、オーディエンスの声量が一気にアップ。耳をつんざくばかりの歓声が響き渡る。演奏が始まり、Ta_2が歌い出すと、YORKE.がステージ上のキャンバスにペイントを始める。そう、ステージ上の巨大なセットは、ライブが進むにつれて刻々と変化するのだ。

昨今はデジタル技術を用いて映像と音楽をシンクロさせるバンドが増えてきたが、OLDCODEXはアナログで直接的なペインティングにこだわる。その結果、どのライブにおいても微妙に異なるペイント作品が出来上がる。すべてのライブは一回限りの作品だが、OLDCODEXほど一回性を感じさせるバンドも珍しいだろう。

関連キーワード

2017年12月18日 11時40分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!