0

きゃりーぱみゅぱみゅ、ハロウィン単独公演は“日本のお化け屋敷”

きゃりーぱみゅぱみゅが、自身初となるハロウィン単独公演『THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~』を、10月28日・29日の2日間、東京体育館で開催した。

■きゃりーにしか表現できない“日本のお化け屋敷”


今回のライブのテーマは、オリジナルハロウィンをコンセプトとした“日本のお化け屋敷”。会場にはきゃりーの衣装を真似したものはもちろんのこと、魔女やかぼちゃのお化けなど、さまざまな仮装に身を包んだ観客が多く集まっていた。そこに、おどろおどろしい不気味なBGMも流れており、お化け屋敷の雰囲気が全体に漂う。

会場が暗転すると、ライブ直前のきゃりーにぬらりひょん、九尾の狐、から傘が「観客を恐怖のどん底に叩き落してほしい」と嘆願している映像が始まった。そして、妖怪たちがセットや照明、きゃりーの衣装までもホラーテイストに変えてしまうと、ステージを覆っていた垂れ幕が一気に下がり、巨大なオリエンタルな屋敷が登場。そこへ提灯柄がプリントされた赤いドレスに身を包んだきゃりーが現れ、ライブの定番ソングであり、ハロウィンの夜にぴったりな『ファッションモンスター』からスタートする。



「ハッピー・ハロウィン! 今日は懐かしい曲を皆さんと一緒に楽しみたいので、まずはペンライトを黄色にしてください!」

きゃりーが告げると、行灯を模して作られた専用ペンライトで会場は一気に黄色の光で埋め尽くされる。そんな中でアップテンポなダンスナンバー『インベーダーインベーダー』『CANDY CANDY』などの楽曲を披露し、さらに盛り上がっていく。

関連キーワード

2017年12月18日 13時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!