0

ONE☆DRAFT 「ライブで一緒に情熱のキャッチボールをしようぜ!」/インタビュー2

 

■ONE☆DRAFT/8thアルバム『ENDRUN』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

来年に向かっての布石も打てたアルバムにもなった。ライブでも新しい見せ方ができそう

――サウンド面の新しさに関しては、「Believe」が新鮮でした。歌にオートチューンをかけていたりしますし。

RYO:ここまでオートチューンをかけたのは初めてです。すごく踊れるサウンドにもなっているので、クラブとかライブハウスに映える曲ですね。

――レゲエなテイストの「Sunshine」も、ONE☆DRAFTとして意外とやっていなかった感じじゃないでしょうか?

LANCE:これは“レゲエってこういうイメージだよな”ということを考えながら作りました。僕らのレゲエの曲って、最初に出したミニアルバム『さいごのたまや』くらいしかなかったんですよ。

――<何度も only one>って、TEEさんの「ベイビー・アイラブユー」からの引用?

LANCE:はい。何かレゲエの曲のフレーズを入れたいなと思って考えたんですけど、あいつ以外に仲がいい人がいなかったんです。知らない間柄なのに入れちゃまずいだろうと(笑)。

――(笑)。新しいアプローチがあると同時に、ONE☆DRAFTの王道とも言うべき「better days」や「Oh My Little Girl」のような切ないラブソングが生まれているのも、今作の聴きどころです。

LANCE:曲を作るきっかけって、やっぱり失恋とか、初恋みたいな恋を体験したタイミングなんですよね。

関連キーワード

2017年12月22日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!