0

個性派集団・AKB48で正統派を貫いた渡辺麻友という生き方

BestRegards!【通常盤】

不合格の通知にもめげず、オーディションを再度受験して合格してから11年間。渡辺麻友は、個性派ぞろいのAKB48で清楚で愛らしい偶像=アイドルとして生き抜いた。キャッチーなことを言ったり、突飛な行動を取ればもっともっとバズったかもしれない。優等生でちょっと退屈と取られかねないにもかかわらず、彼女は常に明るく愛らしく振る舞ったのはなぜか。

以前、本人に話を聞いた際、「メンバーからはよく、背中で語るタイプだよねと言われる」と教えてくれた。朗らかで屈託のない笑顔の裏で、常にアイドルはどうあるべきか。AKB48を良くするにはどうしたらいいかを考えていたのだろう。しかも、それを言葉で伝えるのではなく、自らが率先して態度で示してきた。“背中で語る”は、メンバーからの尊敬と信頼から発せられた言葉に違いない。

いわゆる総選挙では早くから1位を獲りたいと公言してきた。2014年に念願叶って1位に輝くまで、あえて自らプレッシャーをかけ続けていたのだろう。そうやっていつもストイックに自分を追い込むのが、渡辺麻友の生き方なのだ。

■完ぺきすぎるから、アンドロイド疑惑?
BestRegards!【完全生産限定盤A】

持って生まれたキュートなルックスに加え、ストイックに正統派のアイドル像を追求した結果、冗談交じりに「渡辺麻友はアンドロイドではないか」と囁かれたりもした。事実、渡辺のソロ楽曲には「マユユロイド」なる楽曲が。また、ソロで初めてオリコン週間チャート1位に輝いた「ヒカルものたち」では、アンドロイド風の衣装を着用。気鋭のクリエイターたちが描くイラストは、まるでアニメの中の完璧な美少女ロボットのようだった。

ソロの4thシングル「ラッパ練習中」のリリース記念で開催した初のワンマンライブでは、膨大な楽曲の振り入れも頭に叩き込み、ノーミスで完走。さぞ感極まったかと思うのだが、それでもいつもの笑顔でファンの期待に応えた。ただ、ビジュアルの愛らしさだけで、アンドロド疑惑が浮上するわけではないだろう。

総選挙で1位になった年は「人生史上最も忙しかった」と語るほど、多忙を極めた。その理由の1つに、稲森いずみとダブル主演したドラマ『戦う!書店ガール』の撮影がある。実在の書店が閉店した後、深夜から早朝にかけて撮影されたため、過酷さに拍車がかかった。その頃のことを本人は、「撮影からそのままAKB48の活動に行ったこともある」とあっけらかんと笑うが、膨大なセリフを覚えつつ、グループ活動にも手を抜かない。想像するだけでも目がくらみそうだ。

そんなふうに苦しいときも、嬉しいときも、いつもまゆゆはいつものスマイルで通した。その精神力の強さには感服するほかない。

関連キーワード

2017年12月28日 11時30分

「個性派集団・AKB48で正統派を貫いた渡辺麻友という生き方」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!