0

遊助、2018年第一弾シングルは予想の斜め上をいくフォークソング「みんな頑張ってる」/インタビュー1

2018年3月13日 19時00分
 
撮影/キムラタカヒロ

■遊助/ニューシングル『みんな頑張ってる』インタビュー(1/3)

遊助から2018年1発目となるシングル『みんな頑張ってる』が届いた。今回の曲は予想の斜め上をいくフォークソング。キャリア初のサウンドに挑戦して新境地を拓きながらも、内容は頑張っている人を優しく見守り、なおかつ頑張ってる自分も認めてあげようという、遊助らしい温もりにあふれた楽曲となっている。カップリングには、表題曲とは違った角度のチャレンジ曲や、ユニークな着眼点のナンバー、歌詞にハッとさせられる楽曲を収録。バラエティに富んだ各曲を遊助はどんな思いで作ったのか。今年3月11日でデビュー10年目に突入する(した)彼に、今後に向けた気持ちも語ってもらった。
(取材・文/猪又孝)

サウンドは新境地を拓きながらも、内容は遊助らしい温もりにあふれた楽曲

――もうすぐ春ですが、2018年は今のところ、どんな感じで過ごしていますか?

遊助:もうずっと制作に入ってます。4月まで芝居の仕事が入っていて、あまり東京にいないから、昨年からずっと曲をいろいろ作って、あとミュージックビデオも撮りまくりながら、毎日進んでます。

――脂の乗り具合はどうですか?

遊助:乗っかっちゃってますね。乗っかったまま。中トロですよ。ホントに食べ頃(笑)。

――新曲「みんな頑張ってる」は、その制作期間の中で生まれたんですか?

遊助:そうです。昨年生まれました。

――ビックリするくらいフォーク調の曲ですが、どんなキッカケから?

遊助:コンペでいろんな曲を集めたんだけど、その中にひとつだけフォークで浮いてる曲があって、「なにコレ?」みたいな。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!