0

The Super Ball 新曲「Second」はスパボの新局面を感じるラブソング/インタビュー1

2018年5月14日 17時00分
 
The Super Ball
<左から>吉田理幹(Pf,Vo)、佐々木陽吾(Gt,Vo)

■The Super Ball/シングル『Second』インタビュー(1/3)

恋の始まりは予測不可能。だから辛い恋になるとわかっていても、気持ちを止められないことだってある。The Super Ballの新曲「Second」は、恋人がいる人に惹かれた男性の気持ちが痛いほど切実に歌われた楽曲。しかも、抑えきれない想いをリズムの強めなサウンドに託した「オリジナルバージョン」と、二人の声とギター&ピアノによる哀しいまでに切ない「アコースティックバージョン」(通常盤のみに収録)は、甲乙つけがたい仕上がり。また、心のよりどころを美しい日本語と温かなメロディーで紡いだカップリング曲の「弘前公園」も、聴き逃せない楽曲となっている。ポップでカラフルなだけが“スパボ”じゃない。新たな展開を感じる新鮮な4枚目のシングルだ。
(取材・文/前原雅子)

今まであまり歌っていない大人の恋愛みたいなことをテーマに曲を作ってみよう、って

──「Second」はどんなところから作り始めた曲ですか。

佐々木陽吾:これまでは優しさとか爽やかさみたいなことを、等身大の曲にしていたところもあったんですけど、今回はしっかり物語を作って、それを歌詞にしようっていうところからスタートしました。

吉田理幹:今回でシングルも4枚目なので、ちょっと新しいことに挑戦したい気持ちもあって。今まであまり歌っていない大人の恋愛みたいなことをテーマに曲を作ってみよう、っていうことになったんですね。

関連キーワード

「The Super Ball 新曲「Second」はスパボの新局面を感じるラブソング/インタビュー1」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!