0

GACKT 「みんなの背中を押せる男でありたい」 バースデーライブで45歳の誓い/レポート

2018年8月9日 00時00分
※すべての画像を見る<計6点>※

■GACKT/【GACKT's -45th Birthday Concert- LAST SONGS】レポート
2018.07.04(WED) at 東京・新木場STUDIO COAST

7月4日(水)、GACKTが45歳の誕生日に『GACKT's -45th Birthday Concert- LAST SONGS』を開催。海外のファンも含め、チケット争奪戦の末に集まった熱烈なファンが新木場STUDIO COASTを埋め尽くした。オープニングでは歴代のミュージックビデオが映し出され、 1999年26歳、2000年27歳というように年号と年齢を併記。2018年の現在に至り幕が下りると、豊かなドレープを施した白い衣装のGACKTが姿を現し、大歓声に包まれる。1曲目は、ソロ1stシングル「MIZERABLE」。軽やかに、時に力強く歌唱し、右手をパッと挙げて演奏を制止。場の空気を支配するカリスマ性を見せつけた。

「久しぶりだね。もうGACKTは声がガラガラですよ」とGACKTは苦笑交じりで挨拶。前夜のラジオ出演の後に高熱が出たそうで、万全のコンディションではない様子だ。しかし、「こんなカスカスの声でも、心の奥をドン!と(突きたい)」との意気込みを語った通り、この後のすべての瞬間において、全身全霊のパフォーマンスを繰り広げることになる。

1曲終わるごとにMCタイムが用意されていたのだが、「曲の説明は、まぁいいか。だって分かるんです。君たちがこの曲を愛してることを」との前振りから披露したのは、2009年のシングル曲「FLOWER」。GACKTはパンチを繰り出すボクサーのように仁王立ちして勇ましく歌い、間奏ではGACKT JOBメンバーも揃って激しくヘッドバンギング。抑えきれないトキメキが溢れ出すような、瑞々しい歌声を響かせた。

ここからはゲストを迎えた豪華セッションが展開。「O次郎くんです!」というボケで呼び込まれたのは、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(Vo)。鬼龍院は「出づらいです……(笑)」と困惑しながら、「僕、LOVERS(※GACKTファンの呼称)の皆さんを仲間だと思っているので。オープニングの映像も、『この時、この曲!』って」と見入ったと言い、GACKTへの憧憬を露わにした。

MALICE MIZER時代からの熱烈なファンであることを公言しているこの後輩に、「鬼龍院翔的GACKT曲ランキング」や、この後セッションする曲を、「曲名無しで表現して」などと無茶ぶりするGACKT。鬼龍院はたじろぎながらも、懸命に食らいつくガッツを見せる。

関連キーワード

「GACKT 「みんなの背中を押せる男でありたい」 バースデーライブで45歳の誓い/レポート」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!