0

The Super Ball 強い意志を感じる、音楽的に充実した2ndアルバム/インタビュー前編

2018年8月23日 21時00分
 

The Super Ball/8月22日に2ndアルバム『Out Of Bounds』をリリース


疾走感のあるアップチューン、硬質なアコギが冴えるミディアムナンバー、ドラマティックなバラード、ビートのキレもいいダンスミュージック……といった広がりを見せるサウンド。そして純愛や女性目線の恋の歌に、未来へ向けた決意表明に……と、タイプもさまざまなスタイルの歌詞。さらにそれらを繊細に大胆にまとめあげる、パワーアップしたふたつの声。The Super Ballの2ndアルバム『Out Of Bounds』は、タイトルどおり自分たちが今いるところから次へ向かっていこうとする強い意思を感じる作品。デビューして2年、次なる音楽的展開に期待したくなるアルバムだ。
(取材・文/前原雅子)

いろんなものが詰まっていることこそ自分たちらしさなのかも、と思った

──2枚目のアルバム制作は、1枚目と比べてどうでしたか。

佐々木:1枚目のときはメジャーデビューまでのベストアルバムを作ろうっていうのがテーマだったんですね。でもそこから2年経つなかで、いろいろ考えるところがあって。

吉田:自分たちのやりたい音楽ってなんだろう、自分たちらしさってなんだろうっていうことを、ずっと考えながらやってきたんですけど。例えばバンドだったら、俺たちのサウンドはこれだ!っていうものがあると思うんですね。でも自分たちはピアノとギターの2人組なので。サウンドのすべてを2人で作っているわけではないっていうことを考えたとき、逆にいろんなものが詰まっていることこそ自分たちらしさなのかも、と思ったんです。そもそも2人の好きな音楽も、得意なジャンルも違うので。2人が本当にやりたいこと、やりたいサウンドを詰め込むことがテーマになればいいかなって。

──2人の音楽的なバックボーンはかなり違いましたよね?

吉田:そうなんです。陽吾さんはフォーキーな部分の良さがすごくあるので、「消せないルール」みたいなピアノとギターにストリングスを入れた、ゆったりしたバラードは入れたかったですし。自分はダンスミュージックが好きなので、「Night Parade」のようなビートの曲を入れたいと思いましたし。そういうことを2人でまず話し合いながら作っていきました。

関連キーワード

「The Super Ball 強い意志を感じる、音楽的に充実した2ndアルバム/インタビュー前編」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!