0

noovy 台湾と日本両方で活躍できるバンドになりたい/インタビュー後編

2018年9月5日 22時00分
 

――【noovy】インタビュー前編より

台湾、日本、どちらのファンにも満足してもらえるライブや情報発信をしていきたい

――アルバム『LION』のリード曲は「僕たちの花火(feat. あさぎーにょ)」ですが、すごくセンチメンタルなバラードで、これまでのnoovyとはまた違ったイメージの曲ですね。

Shawn:僕たちの初めてのデュエットソング。一生忘れられない夏の失恋を男女それぞれの視点で歌っています。バンドとしてコラボとかデュエットって考えたことがなかったのですが、今回、女性アーティストのあさぎーにょさんとコラボしてみて、すごく新鮮でした。この曲に合っていると思うし、やってよかったな……。これからも、コラボしたいって気持ちになったし、次は男性もいいんじゃないかな? 例えば僕たちと同年代のバンドと、日本と台湾の視点で楽曲を作ったり。

――いいですね! 「僕たちの花火」は夏の思い出を歌っていますよね。皆さんの夏の思い出を教えてください。

Hank:台北の白沙湾という真っ白な砂のビーチに、家族とよく行っていました。僕はサーフィンをしていましたけれど、日本ではビーチでスイカ割りをするんですよね? アニメで見たことがあります(笑)。

JK:僕もアウトドア派(笑)。小さい頃から、家族でよくキャンプに行っていました。お父さんの友だち家族と一緒に行って、それぞれが持って来た食材で鍋をやるのが恒例で。他には山奥でラフティングしたり、温泉に入ったりしていました。

Shawn:僕は、オーディションだな。僕の人生が変わった夏です。日本でもよくある話だと思うんですけれど、友だちの付き添いで一緒に受けに行ったんです。美容師になろうと思っていたのに、ぜんぜん違う人生になった(笑)。こうやって日本でインタビューを受けるなんて、考えたこともなかったです。

Mark:一番印象に残っているのは、昨年の夏。日本でのメジャーデビューが発表された瞬間です。日本に来た時はまさかメジャーデビューできるとは思ってなくて、本当に夢みたいでした。

関連キーワード

「noovy 台湾と日本両方で活躍できるバンドになりたい/インタビュー後編」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!