0

加藤和樹が台北観光大使に就任 「僕自身を通して、台北の良さを肌で感じてもらいたい」

2018年9月19日 19時00分

(c)エキサイトミュージック

[その他の写真を見る]

※すべての画像を見る<計20点>※

2015年に上演され、大好評を博した主演ミュージカル『タイタニック』の再演と、10月27日からは『Kazuki Kato Live “GIG” TOUR 2018-Ultra Worker-』の後半戦を控える加藤和樹。このたび彼が台北観光大使に就任し、台北市政府観光伝播局主催『2018 Feel Taipei ~台北の旅温度を感じる~』記者会見に出席した。

ステージに登壇し、まずは中国語で挨拶。その流暢な発音に、場内から驚きの声があがった。加藤は2008年に「ミュージカル『テニスの王子様』The Imperial Presence 氷帝 feat. 比嘉」の上演で台北を訪れており、その時の印象を「いちばん感じたのは、台北の人たちの温かさ」とコメント。

さらに、今回のプロジェクト名「Feel Taipei ~台北の旅温度を感じる~」に触れ、「温度というのは人のぬくもりや愛情のこと。初めて行った時の台北の人たちの熱烈な歓迎はいまだに忘れられません」と当時を回想した。

そして今回、台北観光大使に就任したことについて、「僕自身を通して、日本の……特に女性の皆さんに台北の良さを肌で感じてもらえるよう、少しでもお力添えできるように頑張ります」と意欲を語った。

また、記者から台湾のファンについて聞かれると、「僕のライブには、台湾からたくさんの女性のファンの方が来てくださります。皆さん日本語がお上手で、会いに来てくれるたびに日本語が上達していて。

関連キーワード

「加藤和樹が台北観光大使に就任 「僕自身を通して、台北の良さを肌で感じてもらいたい」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!