0

アンジャッシュ渡部「日本さかな検定」の3級を取得

2010年10月10日 17時08分 (2010年10月13日 17時27分 更新)
 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(38)が、「日本さかな検定」の3級に合格したことをブログで報告している。

 渡部は試験について「全国のブランド魚や、各魚の地域ごとの旬や海流の事、海産物を使った全国の土産品など魚に関して全般的に問われる試験でした」と説明。「これからも漁港や築地でおいしい旬のブランド魚を食べまくりたいと思います!」と意気込んでいる。

「日本さかな検定」とは一般社団法人日本さかな検定協会が実施する検定で通称は「ととけん」。試験では魚の旬、目利きなどの基礎知識などが問われる。公式ホームページの模擬試験では以下のような問題が出題されている。

【1】背は銀色で、腹は青白く、細身で美しい見た目とは裏腹に、内臓を取り出すと、腹の内側は真っ黒であることから「腹黒美人」の例えにされることもある春が旬の魚を選びなさい。
・アイナメ ・サヨリ ・サワラ ・コノシロ

【2】魚類の中でも先輩格であり、冬に旨いため「師走の魚」という意味もある、この魚も選びなさい。
・タラ ・ニシン ・ブリ ・サケ

 回答は、【1】がサヨリ【2】がブリ。

 渡部の報告を受けて読者からは「さすが渡部さん!!すごいです」「スゴイです!!これからも美味しいものをたくさん紹介して下さい」などの感心する声が届いている。

■関連リンク
日本さかな検定取得!(アンジャッシュ渡部建のわたべ歩き)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!