0

交際2カ月でスピード婚した林家三平と国分佐智子の忘れたい過去

2011年1月24日 18時00分

林家三平の実話怪談』(竹書房)

 独身大物落語家の林家三平と女優の国分佐智子が交際わずか2カ月で婚約し、23日に2ショットで会見を開いた。

「出会いは昨年11月に共演したTBS系の『水戸黄門』。同番組のレギュラーで、かつて国分がブレイクするきっかけになった同局の『ワンダフル』で司会を務めていた東幹久がキューピッドとなり交際に発展。昨年12月に三平がプロポーズし、22日に結納。春に入籍し、秋に挙式予定で、会見で明言こそしなかったが、国分は引退するようだ」(会見を取材した記者)

 会見では終始満面に笑みを浮かべていた2人だが、その裏には互いに忘れたい過去があるようだ。

 まず三平だが、元夫の春風亭小朝と離婚後に"爆弾発言"を連発し、一時期テレビで引っ張りだことなった姉でタレントの泰葉からそのマザコンぶりを暴露されてしまった。

「泰葉が注目を浴びていた08年4月、フジテレビ系のバラエティー番組で姉弟共演した際、泰葉が『バラしちゃおっかな~』といたずらな笑みを浮かべると、『いまだに母親とお風呂に入ってるんですよ』と、三平が母・海老名香葉子さんと風呂に入っていることを暴露。三平は顔を真っ赤にしてあわてて言い訳したが、『お母さんが入ってると、必ず"母さんいい?"って開けちゃうんですよ』、『酔っ払うと、"母さん、母さん"ってほっぺにチューするんです』とたたみかけられ、さすがの三平も涙目になっていた。この番組のせいで、泰葉と香葉子さんの溝がさらに深まったと言われている」(落語関係者)

 その後、三平は日テレの馬場典子アナ、NHK荒木美和アナと交際をしていたようだが、いずれも結婚に至らず。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「交際2カ月でスピード婚した林家三平と国分佐智子の忘れたい過去」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!