0

【エンタがビタミン♪】「ひどい!ミヤネヤ。」尾木ママ、ブログに抗議文を掲載。

2011年5月22日 19時00分 (2011年5月25日 18時11分 更新)
教育評論家の尾木直樹氏が自身のブログ「オギブロ」内で、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)へ怒りの抗議をしている。

事の発端は、5月19日の同番組内での尾木氏のコメントの使われ方にあるようだ。
あるコーナーで、大阪府の橋下徹知事が“入学式や卒業式での君が代斉唱時に起立しない教職員に対する、免職処分の基準を定めた条例案”の議会への提出を表明したことについて、番組パネリストらが意見を述べていた。スタジオ内にいた複数のパネリストは全員、橋下知事に賛成の意見ばかりであり議論にはならなかった。

そこで尾木氏が電話で応対したコメントを、録音したものが流された。画面上段の右端には、「尾木直樹が橋下政策に物申す」とテロップが出ている。

「処分する権限を持っているのは“市民”なんですよ、今は。権力をかさに着て条例化して、有無を言わさず従わない者は処分しようというのは、時代錯誤であると思います。」この時の尾木氏のコメントである。視聴者から「尾木氏は橋下知事に反対している。君が代斉唱には反対なんだな。」と思われても仕方ない、番組の組み立てであった。

この放送日の夕方「ひどい!ミヤネヤ。」と題し、即座に抗議文を掲載。尾木氏は「君が代」問題の話はしていない。意図的にコメントが編集されている。―とテレビ局にも強く抗議したことを表明している。そして5月20日のブログには、「テレビ局から、正式の謝罪がありました。」と報告している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!