0

『マルモ』大健闘でも業界視聴率トップは『鈴木先生』!? 春ドラマ総まとめ

2011年7月7日 08時15分
テレビ東京『鈴木先生』公式サイト

 大震災の混乱ムードを引きずりながら4月にスタートし、先日、最終回の視聴率が出そろった2011年春ドラマ。メディアの多様化により、見たい番組しか見ない視聴者のハートをいかに掴むかが各局の課題となっているというが、『ハンチョウ~神南署安積班~ シリーズ4~正義の代償~』『渡る世間は鬼ばかり』『JIN-仁-』(全てTBS系)、『ハガネの女 season2』(テレビ朝日系)、『BOSS 2ndシーズン』(フジテレビ系)と、ある程度の初動が見込める人気シリーズが目立つプログラムであった。そんな春ドラマをあらためて振り返ってみたい。

■トップはあの国民的SF時代劇!

 次点の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(NHK総合、平均17.9%)に大差を付け平均視聴率トップに輝いたのは、20.61%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した『JIN-仁-』第二期。現代と過去が入り組んだ複雑なストーリー故に、ネットでは「どうしてもつじつまが合わない......」と細部の矛盾を指摘する声も上がっているようだが、それをも吹き飛ばす猛進ぶりで視聴者を魅了した。特に"最終回54分拡大スペシャル"は平均26.1%をたたき出し、主演の大沢たかおの株はますます上昇。文句なしで今クールを代表するドラマと言えるだろう。

 ちなみに平均視聴率上位は以下の通り。

1位『JIN-仁-』第二期(TBS系) 20.61%
2位『江~姫たちの戦国~』(NHK総合) 17.9%
3位『マルモのおきて』(フジテレビ系) 15.48%
4位『BOSS』2ndシーズン(フジテレビ系) 15.05%
5位『遺留捜査』(テレビ朝日系) 14.27%

 3位の阿部サダヲ芦田愛菜主演『マルモのおきて』は、"子ども&動物"とテッパンを重ねながらも初回は11.6%とおとなしめだった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『マルモ』大健闘でも業界視聴率トップは『鈴木先生』!? 春ドラマ総まとめ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!